フォト

mail

« かわいい子どもたち ② (以前の通信から) | トップページ | おくりびと (以前の『通信』から) »

2009年1月13日 (火)

鯵の開き (以前の『通信』から)


今日はお休み。

夕食に魚を買ってきた。
なんのことはない、一匹100円だったからだ。

特に料理と言えるほどものはしない、というかできない。
魚を焼いたり、チャーハンを作ったりというくらい。
この職場で働いていて良かったよ。
ご飯を食べるのも仕事のうちだからね。
しかも、栄養士の作った栄養価計算のされた食事が食べられる。
だから、休みの時のご飯の心配だけすればいい。
ふだん栄養のあるものを食べさせてもらっているから、
休みの日は、お腹が膨れればいいというわけ。

話がそれたが、コンロの上でジュージューと音を立てている魚を見ながら思う。

この魚は、幸せな人生(魚生?)を送ったのか。
いくら食物連鎖と言っても、本人的には無念の思いじゃなかっただろうか。
どれだけの人生を生きたのか分からないけど、天寿を全うしたとは言えないな。
オスだかメスだか分からないが、自分の子孫を残せたのか。
彼女ぐらいいたのか。
魚にも可愛いとか、格好いいとかあるのかなあ。
どれも一緒に見えるけど、きっと魚だって相手を選ぶはず。
美人の魚だっているだろう。

切り裂かれるときにはさぞかし痛かっただろう。
生きたまま切られたのなら、死にたくない、と思っただろうか。
それとも、死んでから切られたのか。
もっと楽しいことをしてから死にたかった、とか考えたかも。
一回くらいはディズニーランドにも行きたかったんじゃないか。
いずれにしても、死んだ魚は天国に行ったのか、地獄に落ちたのか。
魚は特に悪いこともしないだろうから、天国だよなあ。
魚の刑務所なんて話も聞かないし、たしか『おさかな天国』って歌もあった。

ちょっと煙の出てきたこの魚は、
ひょっとしたら、僕に食べられたくないんじゃないか。
確かに、目が嫌そうな感じだ。
せめて最期は、可愛い女の子に食べられたいんじゃないか。
そう思ったとしても、おかしくないな。
はげたおやじに食べられたんじゃ、格好がつかない。
宮崎あおいちゃんとかだったら、喜んで食べられたいかも。


なんて、馬鹿なことを考えていたら、ほら焦げた。
ちょっとくらい焦げてたって関係ない、関係ない。

パクリッ!!

「あー、美味しい!!」

今日の夕食のお話でした。

  そんなつまらないことばかり考えている・はげおやじ・より

« かわいい子どもたち ② (以前の通信から) | トップページ | おくりびと (以前の『通信』から) »

コメント

はげおやじさん。 こんにちは。

私のブログへのご訪問&コメントありがとうございました。

魚の気持ちなんて考えた事もなかったので、はげおやじさんの想像力の凄さに感心しました。

今後ともよろしくお願いします。

ありがとう^^
自分の本を手にしたとき、
本屋さんに積まれているのを目にしたとき、
ほんとに感動しました。
ブログの更新は今はとてもゆっくりですが
なんとかつづけています。
たまに覗いてやってくださいね。

わたしは今・・・
読み語りというものを勉強、訓練しまして
いろいろな施設や学校をボランティアでまわり
「愛」を語る活動をやってみたいと企ています。
「愛唄~バツイチ女のひとり言~」を読むのです。
TVを見ていると毎日のように
”えっ? なんで~??”って
首を傾げたくなるような哀しい事件が報道されていて
そんな中でわたしにできることは・・・と
考えた末です。
それと・・・
息子殿の頑張りに負けない自分(親)でありたい。
わたしの新たな目標です★

あっ・・・
わたしは長崎県壱岐の生まれです^^

私の地元は、ど田舎
毎晩食卓には魚料理が必ず出てきて、「もっと肉食べたい…」なんて思っていました。
地元を離れ一人暮らしをしている今、自分の好きな物だけ選んで食べようとしても誰にも怒られずにいくらでも食べられる。
だけどもう何年も、やっぱり魚を選んでしまう自分がいます。

キャバクラでモテる人は団体客の中の「明らかに連れて来られた」人(自分から進んでは来ない人)かな。

女性と出会う機会が無いから来たり、自分の普段の環境には関わりのない知らない誰かに愚痴を聞いてもらいたかったり、何を求めてキャバクラに来るかは人それぞれだけど、みんなが今日は楽しかったな〜〜〜〜また明日仕事頑張ろうって思って帰ってくれるように頑張るのがキャバ嬢の仕事です´ω`
今までそばで見てきて、タダ酒飲んで金だけ取ってりゃいいと思ってやってるキャバ嬢はすぐに落ちていきます…
色んなことが分かりやすい場だね。

  ゆでたまご様

やっぱり、小さい時の経験は大きく影響するものですね。
僕も仕事をしていて感じます。
後、親の性格ね。
嫌でも似てくるこの悲しさ、みたいな。

キャバ嬢の仕事も大変なんですね。
どんな仕事でも、楽しくお金がもらえるなんてありえないってことですよね。
楽しくなくっても、お客の前では楽しくしてないといけないし。

お疲れ様です。

それでは、変なお客が来ないことをお祈りしています。

  みんな大変なんだと思う・はげおやじ・より


グルメ日記に料理本

様々な情報を得る事が出来る昨今、

話題は常に「うまい・安い・貴重 」 etc...

「食物連鎖のうんぬん」なんてほとんどの人が考えもしていないでしょう

時代はまさに飽食時代

(はげおやじさん)のように食卓の魚について考える事は大切な事だと思います


食事のありがたみを感じつつ

体重を気にする ゆがんだ今日この頃です

  ブチャラティー様

やはり、問題は食事と体重の関係です。
いろいろ考えているだけでは体重は減りません。

僕もメタボ症候群なので、
ちょっと考えて食事をしなければ、と思いますが、
仕事の時には、
施設の栄養士が栄養価計算した食事を食べ、
休みの時には外食か弁当、じゃ、どうにも改善の余地なし、
というところです。

ジムも最近行ってないし、どうにか考えないと、です。

  分かっちゃいるけど、どうにもならない・はげおやじ・より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かわいい子どもたち ② (以前の通信から) | トップページ | おくりびと (以前の『通信』から) »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31