フォト

mail

« 負けて、嬉しい!! | トップページ | もうすぐ春です! »

2009年2月27日 (金)

良い話ばかりじゃない!

内緒の話だが、僕は相当真面目な性格。


前回、施設の卒園生の良い話をした。
が、勿論、そんな話はたくさんない。


一週間くらい前の夜、ひとりの卒園生が僕の自宅を訪ねてきた。
突然、訪れる卒園生の話はいつも同じだ。
予想通りに、彼はこう言った。

「はげさん、悪いけどお金貸してくれませんか」

こんな時だけ、やけにしおらしい。


僕も相当人がいいもんだから、
これまでだいぶ卒園生のためにお金を工面してきた。
いくらかは忘れてしまった。

というか、忘れてしまいたい。

言えば、家が建つくらい。
ごめんなさい、大袈裟過ぎました。
小屋が建つくらい、か。

僕の自己満足のために貸したお金だから、
半分はあげるつもりで貸したお金だから、
後悔はしていないんだけど、最近分かってきたことがある。

僕のお金は、彼らのためにあんまり役に立っていなかった、ってこと。

お金は、使えばなくなる。
ただ、いくらか彼らを生き延びさせただけ。
結果、彼らは元の木阿弥。

返済できないから、僕のところへも施設へも、
二度と来れない、ということになった。
だから、ちっとも彼らのためになっていない。
僕がただ良い人ぶっただけ、ということ。


一週間前に、訪ねてきた卒園生には、
今までのいろいろな卒園生の話をした後でこう言った。

「お金を貸すのは簡単だよ。
いくらほしいの。
おまえはきっと僕の貸したお金は返さない。
だから、もう二度と僕の前には顔を出せないことになる。
それでもいいなら、今から僕はコンビニに行って、
おまえがほしい分だけお金を下ろしてくる。
どうしたいのか、今、自分で決めてほしい」


彼は、しばらく考えていたが、黙って僕の家から去っていった。

彼は、もう一度僕のところを訪ねられる方を選んだ。


今度来たときには、もう一度一緒に考えればいい。


  とは言ったものの、心配する・はげおやじ・より


 追記

お金を貸した卒園生にも、
それで立ち直った人もいることを
付け加えさせていただきます。

« 負けて、嬉しい!! | トップページ | もうすぐ春です! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや・・・。お金の問題は難しいですね。
でも、彼がそんな判断を自分でしたということは、
やっぱり、良かったのでは、ないでしょうか。

どんな答えがでたとしても、自分で考えて判断するということは、
大切であると、思います。
しかし、私にお金を貸して。。。と、言う人は、
未だかつて、おりません。どんだけ貧乏だと思っているのか。


  もみあげもみこ様

きっとみんなもみあげもみこさんのことを、
相当貧乏だと思っているのでしょう。

僕もそのために未だ車を買えないでいます。
去年50ccの原付から、125ccに昇格したところです。

明日は休みです。

  晴れないと出かけられない・はげおやじ・より

はげさん、素敵だ。かっこいいな。
その卒園生も、当座のお金よりも、「はげさんとまた会えること」を選んだ。
よかった。

はっ、よかった、じゃないか。
そのあと、どうしたんだろう。はげさんも心配してる。
お互いつらいですね。
でも、でも、それでよかったんだと思う。
お金のせいで、二度と自分のふるさとに戻れないなんて辛すぎるから。

俺も金ないし。
 人の心配してる場合じゃない ・Beehive S・より


  Beehive S様

ありがとうございます。

彼は今、路頭に迷っているかもしれません。
しかし、彼には良心的な割に厳しいお兄さんがいて、
情報が全くないというわけでもありません。

きっと辛い思いをして、這い上がってきてくれると信じています。

Beehive Sさんも応援してあげてください。

  祈りはきっと届くと思う・はげおやじ・より

いやー、
深い。
これは深い。

はげおやじ様くらいにしかもう当てがなく
訪れるだろうに
自ら建直せなく
最後の心の拠り所さえ
失ってしまうのでしょうね。
果てしない闇の連鎖を
受け止めつつ、
光がさす道へ身を削って導かなければならない
本当に博愛の精神がなくてはこなせれない職ですね。

軽口も叩いてますが
尊敬してます。


  れま様

いやあ、それほどでも。


最近思うことがあります。

僕はたまたま、こういうふうに生まれた。
そして、
施設の子どもたちはたまたまそういうふうに生まれた。

ただ、それだけ。

だから、その人のせいじゃない。
だから、責任なんてないのかも。

だから、お互い持っているものを出し合って、
助け合っていかなくちゃ。

  たまたまの産物の・はげおやじ・より

Comment☆ありがとうございました。

また、お邪魔させてもらいますね。

宜しくお願いします。

  umemaru様

お気軽にいつでもいらしてください。
お茶を準備して待っています。

って言っても、飲めませんけど。
あしからず。

  来るもの拒まず、の・はげおやじ・より

なんだか難しい・・・・
どうなんでしょう
自分に置き換えて考えてみる

たぶん、おやじさんと同じ経路をたどるだろう
お金を工面する なんとかなって欲しいと思って
でもなんとかならない、お金を返さない 縁が切れる ツライ
同じことが繰り返す 自分の気持ちを相手に伝える 選択肢を相手にまかせる
心配になる

結局、お金を借りに来た本人がなんとかして、乗り越えるしかない・・・
また、帰る場所が(おやじさんの所)残ったというのが救いだと思いました

 

はじめまして。はげさん。しゃちょーです。コメントありがとうございました。はげさんのブログ読みました。はげさんのとられた行動(最後のやつ)は、共感できます。もしぼくなら、たぶんお金というものは渡さないでしょう。物ならいくらでもあげたかもしれません。ただ考え方というものは多々あると思いますが、相手のことをどれだけ考えられるかで、行動は決まってくると思います。たぶん黙って帰った方は、再びはげさんのもとを訪れると思います。おそらく自立して。立派になって。そう期待するのも悪くないですよね。また、遊びに来ます。こちらにもぜひ遊びに来てください。ほんとうにありがとうございました。

書き込みありがとうございました。

はげおやじさんの深いお話、じっくり読ませていただきました。
身内に、お金のトラブルで親戚中を困らせている人がいます。
相手は銀行なので良心的ですが、居留守を使い、子供に嘘を付かせ連帯保証人の義母を悩ませています。
今なお進行中のトラブルで私たち夫婦もたまに巻き込まれます。
はげおやじさんに言われ、また会える方を選んだ方、とても立派です。
今は大変な思いをしていても、きっときちんとした人生を送ってくれるはず。


 アイアルわーって様

この名前もどうなんでしょう?
意味が分からん。


そうなんです。
結局、自分で決めるしかないんです。
人の善意に甘えていたんじゃ、変わらないってことです。

ほんとに自分が変わろうと思えば、きっと変われます。
変われない人は気持ちが弱いということです。
まだまだ全然頑張ってないということでしょう。

  自ら反省するしかない・はげおやじ・より


  しゃちょー様

期待はいつもしているつもりですが、
なかなか応えてもらえてない、というところでしょうか。

浮浪者になるところまで、
落ちれば、後は上ってくればいいわけすから。

  自分で努力して成長してほしいと願う・はげおやじ・より

こんばんは。

人との関係って、お金が絡むと難しくなりがちですね。
貸したのに返ってこないのは気分が悪い。
借りたけど返せないから顔を合わせづらい。
で、最終的には関係が壊れてしまう。
それがイヤなら、貸さない・借りないのが一番なのだろうけど。
「人にお金を貸すときは、あげるつもりで貸すこと」
昔、人に言われた言葉です。まぁ、私は人にお金を貸せる程ではないのですが。

はげさんは、誠実な方ですね。
卒園生の方も、なんとか今のつらさを乗り越えてほしい。

この次は笑顔で会えるといいですね。


子どもをいかに自立させるか・・・。親に育てられた子供だって難しいのに、施設で、育っている子はさらに難しい環境におかれていますよね。
「愛情=自立」とは、結びつかないし・・・
「厳しさ=自律」とも結びつかない。

さらに、たかがお金、されどお金ですね。
施設の中で沢山の失敗をして、経験をして世の中に送り出す。
お金の経験も含みですが。できるといいですね。
しかし、それも先生が大変になるでしょうね。

失敗の経験がいかに大切か、(保育園では、けがをする経験なのですが)
ということですかね。大きな失敗になる前に小さな失敗を繰り返すことですが。

しかし、施設というのは、考えれば考えるほど難しい環境です。


  プーのくまさん様

ほんとお金の問題でみんな頭を悩ませます。
勘弁してもらいたいと思うことも多いです。
いっそお金なんかなくなってしまえばいいのに。
思ってみたところで、変わるはずもなく。

ただ、僕はお金の奴隷にだけはなりたくないと、
いつも思っています。
他にも、身近にお金の問題、いっぱいありますから。

彼も立ち直ってこそ偉いので、
今後を見守り、彼の頑張りを祈っていきたいと思います。

  でもやっぱりお金がほしいダメな・はげおやじ・より


  snow様

あんまりお金を持っているわけじゃありませんが、
10年ほど前、
お金を持ってちゃ子どもたちの気持ちは分からない、
なんてつまらないことを思って、
全額子どもたちに貸して一文無しになったことがあります。
馬鹿だなあと自分で思いながら。

  とても不安だった・はげおやじ・より


  もみあげもみこ様

失敗を繰り返して成長すればいいのですが、
恥の上塗りみたいに、
失敗を繰り返すだけ、の場合もあります。
「おい、ちょっと大丈夫か」と思ってしまいます。
能力的なことも大きいのかなあとも思い。
諦めちゃだめなんだけど。

まあ、間違いないのは、
僕らの仕事は、
子どもたちが施設にいるうちには完結しないということです。
給料の出ないところで援助していかないといけないというわけです。
親だったら当然だと思いますが、親じゃないし、何しろ数が多いもの。
お金の問題は特に、
すべての卒園生に関わるなんて不可能だし。

  限界も感じる・はげおやじ・より


はじめまして!先日はご訪問ありがとうございました。

お金の貸し借り。。。なぜ貸し方のほうが気分が重くなるんでしょうかね~?
以前お金を返せなくなった知人に偶然再会した経験があります。
相手は当然よそよそしく早くこの場を離れたいオーラでいっぱいでした。

自分は??
かつての友人を前に借金取りのような顔を?親の仇を見るような眼で?
あとになって思いきりブルーになってしまったことがあります。
以来、お金を貸すことはやめました。特に親しい人には。
って言うより貸すほどお金がなくなりました(笑)


  ふんころがし様

できれば、お金の貸し借りはやめた方がいいですよ。
僕もそう思います。
お金は後に尾を引きますからね。

貸しても借りても、気持ちいいもんじゃないですよね。

  貧乏暇なしの・はげおやじ・より

こんにちは、こちらでは初めまして。
ブログへの書き込みありがとうございました。

はげおやじさんは、とても素晴らしいところで働いていらっしゃるのですね。
文面を見る限り、考え方が大人だなと思いました。
卒園生さんに言ってあげた言葉、私は間違っていないと思います。
本当に、常日頃から真剣に考えてあげてるからこそ、出てくる言葉だと思います。

余談ですが、プロフィールの似顔絵が個人的にツボでした。

 
  mia様

プロフィールの絵は、なんともお恥ずかしい限りです。
僕は絵が下手糞なので、あれが精一杯です。
自分のブログだから自分で描こうと頑張ったのですが、
まあ、所詮あの程度です。
だから、似てるはずがありません。
イメージですから、その旨ご了解下さい。

頭は、あんまり光っていません、あしからず。

  あな恥ずかしや、の・はげおやじ・より

施設出身の彼にお金をお貸ししました。はなしを聞く限り必要なお金だと私は判断しましたが、ちゃんと冷静に二人で話したかったなと今では公開もあります。でも、自己満足のつもりではなく、頑張って欲しい、一緒に頑張っていきたい、幸せになって欲しい色々な気持ちが混ざってます(彼には伝わってないと思いますが 笑)

かれがこれから幸せになれるように、私ができることはなんなのでしょうか。

近くにいることが彼をだめにしてしまいますか?

彼はもう私に会えなくなってしまったのでしょうか。
私は会いたいのですが、、、。

  Maa様

コメントありがとうございました。

僕はあなたの彼のことを知らないので、コメントを返すことは難しいです。

ただ、人はなかなか変わりません。
彼はあなたに甘えているのだと思います。
たぶん、彼はまたあなたにお金を借りに来るのではないでしょうか。
お金を貸すことは、彼がそのお金を前向きに使うのでなければあまり意味があるとは思えませんが、
あなたがお金を貸してあげたいのではあればそれは止められませんよね。

惚れた弱み、というのでしょうか。

できれば、お金を貸すことではなくて彼をサポートできる方法を考えた方がいいと思います。
辛い思いをすることもあると思いますが、彼の近くに一緒にいることは、彼には力になると思います。

少しずつ彼が変われることをお祈りしています。

  Maaさんを応援する・はげおやじ・より


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 負けて、嬉しい!! | トップページ | もうすぐ春です! »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31