フォト

mail

« お久しぶり!! | トップページ | 人並みにGW!! »

2009年4月30日 (木)

Beehive S・K・M 対 はげおやじ

長いです、この記事は。
果たして、最後まで読み切る人はいるのか。
あなたも、挑戦してみませんか。


Beehiveの3人は、『詩人集団 Beehive』というブログを、
3人共同で立ち上げています。
交代で5日に一回くらい記事を更新していて、
最近は、毎回100を超えるコメントになっていて、大繁盛です。
しばらく前から、僕は彼らのブログにコメントを入れています。

そのコメントの返事に、
S(シバタ)くんが、自分が施設出身であることを、告白してくれました。

勿論、そんなことは初耳でしたから、
僕は、このブログで4月11日に、『Sさんへ』という記事を書きました。

その返事へのコメントから、話が思わぬ方向へ。

最初は真面目なコメントだったのに・・・・
コメントの伝言ゲームと言うのでしょうか。

僕的には、とても楽しいやり取りになったので、
まとめておこうと思って、これを今日、整理して記事にしました。
『Sさんへ』の記事以降の、彼らと僕のコメントを順番に並べ直したというわけです。

僕が整理するための記事ですので、
まあ、気が向いたら読んでください、ということです。
作ってみたら考えられないくらい長い記事になってしまいました。
半分は僕が書いたものではありませんが。

読むのは大変ですが、読み込むと結構面白いと思います。

読むだけでも日が暮れてしまうので、
暇を持て余している人が読んで下さい。

あ、言っておきますが、
勿論、僕とBeehiveさんたちは、全く面識がありません。
このコメント上での付き合いだけです。
ネットならではの人間関係と言うのでしょうか。

さて、この記事、最後まで読んでくれる人はいるのか?

いないだろうなあ。

  Beehiveさんたち相当面白いですよ、と思う・はげおやじ・より


  **********


【S】

〈S〉本人です。
コメントが遅くなってごめんなさい。

はげさんとは以前からブログ上のやりとりがあったのですが、はげさんが児童施設の職員さんでいらっしゃることを知りながら、僕自身が施設で育ったことをカミングアウトできなくてごめんなさい。
僕のブログのBeehiveは、僕を含め3人でやっているので、僕だけがナマの自分を丸出しにしてもあとの二人に迷惑がかかるかもしれないと思ったし、それにやっぱりちょっと恥ずかしかった。

僕が育ったのはキリスト教系の施設だったので、神様はいつもそばにいました。
でも僕は「神」に対して素直になれませんでした。
施設を出たあと、わざとろくでもない生活をしたりして、今思えばわざと「神様が心配するように」しむけてみたり。w
いつもいつも天に中指を突き立てて、「天罰、上等!」と虚勢をはってました。
まるで親離れできない放蕩息子のように、いつも神に楯ついていたんですね。
ある意味、神をそれほど身近に感じていたわけで、信心深い不良だったわけです。www

その後、大学に進学する機会を得たとき、恩師の牧師先生に神学への道をすすめられましたが、キリスト教の教義に自分の答えを見いだせず、工学のほうへ進みました。
その決断に間違いはなかったと思いますが、僕は今でもまだずっと神と自分の問題を考え続けています。
たぶんこれからもずっと。

僕は親に捨てられたのかもしれませんが、
僕は親を「許す」という形で罰しています。
僕を捨てなくてはならなかった両親もつらかったはずと、信じています。

はげさん、施設の子によくしてくれてありがとうございます。
僕は自分の恩師の先生に、そのお礼がもう言えないから、かわりにはげさんに言うよ。
ありがとう。
ありがとうございます。


  **********


【はげおやじ】

 Beehive S様

コメントありがとうございました。

僕は、ただ、僕に与えられたと僕が勝手に思っている、
やらないといけないことをやっているだけで、
特に、感謝されることをやっているわけじゃありません。
大体、Sさんの恩師の牧師先生ほど立派な人間じゃないと思いますし。

罪多き凡人です。

だから、僕はちっとも無理をしないで仕事をしています。
神様は、そんなに大変なことを要求しないと思っています。
その人にできることを無理なくサポート、みたいな。

例えば、マザーテレサという偉い人がいますが、
(いますが、ってもう亡くなりました)
マザーテレサは、
無理をしてそんなに大変ことをやっていたんじゃないと思っているわけで、
そういう意味では、おんなじじゃん、と思います。

実際にはたいしことをやってないように見えても、
無理をして一生懸命やっているような人を見ると、
「この人、相当偉いじゃん!」とか思うわけです。

「そんなに無理しなくてもいいのに」とも思うんですが。

シバタくんは、相当面白い、というか、
正直なというか、独特なキャラクターを持っていますね。
ブログの100を超えるコメントを見ても分かりますが、
皆に与えるインパクトは、すごいものがあるということでしょう。

きっと、神様は、シバタくんにそんなタレント(才能・能力)を与えたと同時に、
「こうしなさい」という呼びかけをしています。
あんまり、つっぱらないで神様の声を聞いて下さいね。
たぶん、言わなくてもシバタくんは分かっていると思っていますが。

お互いに、持っているもので人と関わっていきましょう。

影響しあいながら、助け合いながら、
人は生きていくものだと思っていますから。

  自分の持っている(神様が与えた)タレントを
            無駄にしないように、と思う・はげおやじ・より


  *********


【K】

はげさん、先日は我らの愛する弟分〈S〉くんあての記事を書いてくださって、ありがとう。
そこへ、いくぶん神妙な面持ちで、恥ずかしそうな面持ちでコメントをした〈S〉本人への返信コメントにも、はげさんの愛情が感じられて、胸がいっぱいになりました。

僕はそれまであまり誰かのことが気になったり、心配したりしたことがなかった。
男同士の友情って本来さっぱりしたものだと思ってたし。自分はクールな人間だと思ってたので。
でも、シバタに会ってから少し調子が狂ってきました。
彼のことが気になり、同情とか心配とかより、とにかく目が離せなくなったんです。
こういう感覚はそれまで、恋愛感情を抱いた女性にしか持たないものだったので、「俺はゲイか!?」と本気で悩みそうになりましたが、(シバタ本人にも、「倉さんは俺に気があるのかと思ってコワかった」と言われました)
彼のまわりの人は男女に限らず、みんなそんなふうになるんです。
口の悪い〈M〉さんだって、いつも怒りながら「なんであたしがシバタのこと、いつも心配しなくちゃいけないの!」とか言ってる。(笑)
たぶん彼は神がつかわせた存在で、僕らに恋愛や親子の情を超えた愛情の意味を考えさせてくれるためにこの世に降りたった、愛すべきモンスターだと思います。
彼自身も、不器用ながらいろんな人を愛して、愛されて、傷つけたり傷つけられたりしてる。
彼という弟分を得てから、僕はとても「人間」に興味が持てるようになりました。
そんな存在として、きみはみんなに愛されてる。神にも愛されてる。
と言ってやりたいのですが、「倉さんはホモ」疑惑で彼をあまり怯えさせたくないので、はげさんから折りにふれて言ってやってください。
年長者のいうことは聞くいいヤツですから。


  **********


【はげおやじ】

 Beehive K様

なるほど、よく分かりました。
時々、僕がシバタくんにビシッと言い聞かせることにしましょう。

と、言いたいところですが、
そこまで力が及ばないのではないかと。

まあ、これまでどおりに、皆さんのブログに、
最近コメント数がとんでもないことになっていますが、
 (Beehive3人組の魅力ということでしょう)
100分の1くらいの重さでのコメントを入れさせていただきます。

シバタくんは、なんでも自分でよく分かっているのだと思います。
ただ、女性を迷わせ過ぎる可能性が強いんじゃないかと。
危うい感じに女性は弱いですから、僕の経験上。

  一応、話は承った・はげおやじ・おyリ


  **********


【S】

ぎゃあ、痛そうな話。(貧血)
僕、オカーサンになってみたい、なんてほうぼうで言ってたけど、やっぱりやめる。
昔バカだったころ「ケンカ、上等」とか言ってましたが、本当は痛いのも痛がらせるのも嫌いだったので、「腕ずもうで勝負だ!」とすごんでたカワイイ不良だった僕。

それにしても、ひとつ前の記事のコメ欄での、倉さんとはげさんのやりとり…。
あえてコメントしなかったけどね。
ちゃんと読みましたから。
感想?
そんなものはナイショだよ。


  **********


【はげおやじ】

 Beehive S様

こら、シバタ!

おまえは、そんな生き方をしていていいのか!
静かに神の声を聞いてみろ!
自ずと自分のやらないといけないことが見えてくるだろう。
あんまり、悪ぶってないで、
そろそろ、自分に素直になってもいいんじゃないか。
そんなおまえの優柔不断さが、みんなを迷わせているんだぞ!
あんまりみんなを心配させるな!
みんな、おまえのことが大好きなんだから。

  〔Kさん、これくらいでいいでしょうか〕

シバタくん、失礼しました。
Kさんが、時々は言ってやってくれ!というもんだから、さ。
あんまり知りもしないのに、勝手なことを言わせてもらいました。
ブログで見る僕の印象です。

いずれにしても、
女性への対し方は気をつけた方が良いと思います。
女性は強い割に、傷つきやすくもろいからです。
ブログの言葉だけでも思い悩んだりします。
この前、僕もちょっと失敗しました。
女性には、限りなくやさしく、やさしく。

僕が、もう少し若くて髪の毛があった頃は、
ジェームズ・ディーンと言われていた頃ですが、
だいぶ女の人を泣かせてしまったので、
反省の意味でも、シバタくんに忠告しておきます。


それにしても、女性は偉大です。
命を張って新しい命を生み出すのですから当たり前です。
共同作業と言っても、
男は、ちょっと気持ちいい思いをするだけなんですから、
いつまでたっても、女性に頭が上がらないのはしょうがありません。
だから、女性は大事にしていきましょうね。


それから、小さな声でひとつ聞いておきたいんです。
Kさんには内緒の話なんですが、

「Kさんは本当にホモなんでしょ?」

  サザエさんのお父さん『波平さん』に似ている・はげおやじ・より


  **********


【S】

そうか、そう言えばはげさんも独身…。
人の世話を焼いてるバヤイじゃないでしょう。
その店の話、正直僕もちょっとひかれたけど、やっぱりやめとく。
もう少し傷心を味わうことにするわ。

我らがBeehiveの〈K〉さんのホモ疑惑はね、やっぱりちょっとグレーだね。
今日はBeeの三人が、家族や友人もまじえて、久しぶりにオフで集結したのですが、
ちょっと酒が入ると「シバター、あいかわらずいいガタイしてるなあ」と、僕の上腕二等筋をもみしだくの。
でもカノジョもいるから、たぶんあれはバイセクシュアルというやつですね。
もちろん、ゲイもバイも僕は差別してないけど、僕自身はストレートなんで、〈K〉さんの思いに応えられないのがツライだけ。www

〈K〉さんも、はげさんから俺に言いたいことを言ってもらってるようだから、
俺からもお願いしますよ。
「俺は兄貴のことが好きだけど、もう少し時間をくれ」って。
〈K〉さんもはげさんの言うことなら素直に聞きそうだから、よろしくネ。


  **********


【はげおやじ】

  Beehive S様

なんか、このコメントのやりとりが交錯してきて、
分からないくなって来たぞ。

でも、Kさんも、体に触るのは、やっぱりどうなの?って感じです。
『バイセクシャル』もいいかもしれないですね。
僕には無理だけど、
人生を2倍楽しめるのかもしれませんよ。

今日は男で、明日は女、
それでその次、ニューハーフ!ってのはどうでしょう。
人生を3倍楽しめます。

この次、Kさんがコメントくれたら、一発かましときますから。

  なんてかまそう、困ったことになってきた・はげおやじ・より


  **********


【M】

そこ、焼き鳥屋さんというより世話焼き屋さんなのね。
鳥も世話もいろいろ焼いちゃう焼き上手。
案外その結婚したカップルに焼き餅も焼いてたりして。

さて、Beehiveを揺るがす〈K〉さんのゲイ疑惑ですが。
関係者〈M〉さんの話。
※音声は変えてあります。「そう言えば〈K〉さんの長年のパートナーのFさんが言ってました。『クラちゃんは私よりシバタくんが好きだから』って。
それにいつかみんなで海に行ったとき、遠い沖を見つめながら『あいつは本当に裸がきれいな男だな』としみじみ呟いたのを聞いたことがあります。その目はまるで決して手に入らない何かを見つめるようでした。」

はげさんから〈K〉さんと〈S〉に言ってください。
「三人のグループなんだから、私だけ蚊帳の外にしないでね」って私が言ってたって。
あの人たち、はげさんの言うことならきくと思いますから。


**********


【はげおやじ】

 Beehive M様
     および、Beehive K様、ならびに、Beehive S様

      (3人の皆さんが読んでくれると信じつつ)

そのお店は、例えば、焼き鳥の『ハツ(hearts・心臓)』が、
メニューには『真心』と書いてあります。
なんとなく、ご理解いただけるでしょうか。
そんな温かみのあるご夫婦のお店だということです。

盛り上がってきたKさん疑惑ですが、
これはMさんの記述からして、明らかになってきました。
俗に言う『無意識ゲイ症候群』でしょうか。
そんなこと言わないですよね。
まあ、そんな感じということで。

それにしても、このBeehive 3人組の結束力というものは、
ちょっと、そこいらの恋人なんかを超えたものということかもしれません。
Kさんの彼女が嘆くはずです。
ただ、それは今後ともなかなか変わらないのでしょう。

この3人の現状が、最もいい距離なんだろうと思っています。
着かず離れず、ということですが。
いくら仲が良くても、例えば共同生活をすると、
この関係が壊れてしまう、とか。

勝手に書かせていただきましたが、
そうじゃないかなあ、という感想です。

今後とも現状維持で、お互いに疑惑と持ちつつ仲良くお過ごし下さい。
くれぐれもMさんを仲間外れにしませんよーーに!

そして、5の倍数日のブログ記事の更新を楽しみにしています。

このコメントをお読みになった皆さんも、
一度『詩人集団 Beehive』のブログを訪ねてみてください。

そんなところで。

『ハブ(省)』のMさん、これくらいで勘弁してください。

  さて、今日も元気に仕事に行こう!っと、と思う・はげおやじ・より

  **********


【K】

やっぱりそろそろ僕も何かコメントしないといけないでしょうか。
ゲイ疑惑の渦中の人、Beehiveの倉本です。
自分ではバカ言うなと一笑に付していましたが、はげさんの「無意識ゲイ症候群」という言葉にはちょっと笑えなくなった僕。
シバタだけなんですよ、体にさわりたくなるの。
たぶんそれは、若さへの嫉妬ではないでしょうか。
すべすべしてるし、きれいだし。(笑)
でもあいつがあまりにも怯えるので、これでも我慢してるつもりです。
はげさんから、もう一度言ってやってくれませんか。
「俺は、いつまでも待ってる。戻って来い」って。

それから、0と5のつく日の更新、いきなり崩れました、最近。
管理公開係の〈M〉さんの仕事のローテーションが忙しくなり、週一くらいで、めいめいが自分の手で公開することに。
たぶん、僕の原稿アップの催促に、〈M〉編集長が疲弊した様子。

  **********


【はげおやじ】

  Beehive K様、および、S様

 (これじゃ、また、Mさんが怒っちゃうか?)

そうですか、
シバタくんの肌はすべすべしてるんですね。
いいですね。
僕も、シバタくんの肌とふさふさの髪の毛に触れてみたい。
そして、僕の劣等感を払拭するんだ!

って、この病気は伝染するようです。

僕もまずい感じになってきた。
もともと僕にはその気があるようですが。

「だから、シバタくん、Kさんと僕のところへ早く戻っておいで!」

  だめだ、『ウィルス性無意識ゲイ症候群』気味の・はげおやじ・より


  **********


【S】

たぶん、これ、親子の情に関する「いい話」なんだろうけど、小ネタがイカシすぎ。
おもしろすぎて爆笑してました。
ごめんなさい、しんみりできなくて。

それからさ、はげさん、ミイラとりがミイラになってどーすんのよ。
僕はやっぱり逃げられないのかな。
倉さんとはげさんに、遅からず抱かれる運命なのかも。
もう好きにしていいよ。
…って〈K〉さんに言っといてくれる?
それから〈M〉ちゃんには
あの時、僕をフッたからだよ。僕が倉さんのモノになったって、それは自業自得だ
…って言っといてくれる?


  **********


【はげおやじ】

  Beehive 三人組様

シバタくん、今日の記事は爆笑記事ではありません。

僕だったら、涙を流すところです。
・・・笑い過ぎて・・・あれ?

で、今、皆さんのブログのMさんのコメント見てきました。
いけません、おやじをからかっちゃ。
それも犯人は、シバタくんじゃないですか。

  ******

このコメントをお読みの皆さん、
このBeehive三人組はひどい人たちです。
「はげ野郎のブログを混乱させてやろう!」と企て、
ここんところの僕のブログのコメント欄を、
伝言ゲーム代わりに使っていたのです。

これはどうですか?

いや、これは結構面白いです。
皆さんも、このブログでの彼らのコメントを、
拾って読んでもらえると、結構楽しいと思います。

  ******

それで、シバタ!
この落とし前はどうつけてくれるんだ?

っていうか、僕はちっとも混乱してないし。
そんなやわな人間じゃないからね。
大体おかしいと思ってたんだよ。
「伝えといて」って言う割には、
それぞれがみんなコメント読んでて、
「俺の出る幕ないじゃん!」みたいな。

っていうか、こんな調子で他のブログでもやってんじゃ!?

まあ、勝負するなら俺は受けて立つぜ!
っていうか、勝ち負けじゃないけど。

  そんなこんなでも僕のブログに立ち寄ってくれて、
           ありがとね、感謝する・はげおやじ・より


  **********


【M】

はげさんのコメント欄がどんなことになってるか知りたくて、また来ちゃいました。
(もちろん記事も読んでますよ! 決して「ついで」じゃなくね!)

タイトルの「親父」が、ちょこっっとしか出てないー。
モスラの小麦粉とフォークダンスの話しか印象に残らない!・!・! (←膝を叩いて笑ってる)
でも他の皆さんは真剣なコメントしてるんで、私もいちおう「しんみりしました」とだけ言っておきましょう。

で、シバタと倉さんの仲は本当はどうなんですか?
ちゃんとそこのところ、はっきりさせましょうよ。

  **********


【はげおやじ】

  Beehive M様

たぶん、みなさんのコメントが真面目なのは、
管理人の僕が、根が相当真面目なことを、
コメントを入れてくれる人が感じてくれているんだろうなあ、と勝手な解釈。

今回の記事は、笑いの中に潜む家族愛・・・がテーマでした。
・・・そりゃまた、大袈裟な。

それで、KさんとSくんのほんとのところですが、
これはちょっとやばいことになっています。
二人の世界は、もうすでに相当深いんです。

二人だけならまだ許せるものの、
ここに割って入るMさん。

めくるめく官能の3Pの世界。

わあーー、やめて!
こりゃ、ほんとやば過ぎ!!

  シバタくんから、
    難病指定『ウィルス性下ネタ症候群』がうつった・はげおやじ・より
      (こんなコメント、まじめな皆さんに失礼じゃないか!?)


  **********


【S】

えせクリスチャンのはげさんへ。w

障害児だってきちんと自分の手で育てるのが親ですよね。普通。
(いや、捨ててる人もいた。僕の施設には障害児が多かった。)

まあ、いいや。このへん深く考えると落ち込みそうだ。

関係ない話していいですか。

僕が年上の女性を口説く詞をブログにアップしたら、コメントくれた複数の方から〈M〉さんへのプロポーズでしょう、と見当違いのことを言われて、否定してまわるのが大変でした。
否定するあまり「あんなケツの小さい女なんか」とか悪口を言ってしまい、〈M〉さんはおかんむりです。
もし、ここに〈M〉さんが来たら、ごめんね。本当は愛してる。と言ってくれませんか。
でも、〈K〉さんも僕への道ならぬ思いで苦しんでるようなので、この人のことは傷つけたくない。
〈K〉さんの気持ちを傷つけないよう、〈M〉さんに僕の気持ちを伝える。
そんな難しい役どころを、はげさんにお願いしたいのですが。
よろしくね。

  **********


【はげおやじ】

  Beehive S様

うちの施設にも知的にレベルの低い子どもが結構います。
障害があるから施設にいるというより、
親が能力が低くて子どもがそうなっていると思っています。

KさんとMさんの話は、また難問を突きつけてきましたね。

今、↓のコメントでまじめなコメントを書き、
そんなことを考えられないし、
ここにそんなことを書くのは、ぴよこさんに失礼な気もします。

今から仕事にいかないといけないので、
帰ってきてから、新しい記事のコメント欄に改めて返事させていただきます。

それでは。

   いってきます!の・はげおやじ・より


  *********


【はげおやじ】

コメントもないのにコメント返しですが、
前の記事のコメントの続きをここに書かせてもらいます。
事情を知りたい方は、前の記事のコメントを読んでください。
しかも、記事とは何にも関係がありません。
すいませんが、流れがそうなっているもんで。


  Beehive K様、M様

実はシバタも悩んでるんです。
お二人も知ってのとおり、彼はいい奴じゃないですか。
彼なりに(つまり、たいしたことはない)、
そう、彼なりにいろいろと考えてるんです。

・・・・ふたりを傷つけたくない・・・・

だから、彼は決めたそうです。

月・水・金は、Mさん、
火・木・土は、Kさんと付き合うそうです。
日曜日は、平等を確保するために休みにするそうです。
体が持たないとも言っていました。

それから、『Mさんのケツ小さい事件』で、
世間は騒いでいるようですが、
本当は、シバタは女性のケツの大きさはたいして問題じゃないそうです。
っていうか、Mさんのは、
小さいけど魅力的で、適度に弾力があって大好きだと言っていました。

僕は触れたことがないのでなんとも言えませんが、
それは当人同士の問題ですから、
ええーーと、今度は水曜日、明日ですね。
ごゆっくり、確かめあってください。

  こんなんでどうだ?シバタ!の・はげおやじ・より


  **********


【S】

はげさん、なかなかのお手前。
いい。
すごくいい。
〈M〉さんが来て、みてくれるのが楽しみだ。

それにしても、すみませんね。
いつも本題よりも伝言にばかり夢中になって。
僕はですね、実はここに来るのはけっこう緊張してるんです。これでも。
なんか、育ちのせいか身につまされるっていいますか。
記事もちゃんと読んでますし、それなりに深く感じ入るところもあるのですが、
人間、あまりにツボの部分をふれられると、こう、なんだ、かえって言葉が出ないということがありませんか。
はげさんのブログは、けっこう僕のツボを刺激しますんで(いい意味でも、悪い意味でも)、
ついね、あたりさわりのないおふざけのコメントで逃げ帰ってくるわけです。

というわけで、今回は伝言なし。
はげさん、よくやった!
卒園生も!

  **********


【はげおやじ】

 Beehive S様

『合格』ですね、よかったです。
もうそろそろ限界でした、僕の頭では。
追試になったらどうしようかと、悩んでいました。

サクラサク・・・・もう散ったか。

ブログを始めて見に来てくれる人にもいろいろいるのが分かります。
ただ眺めて通り過ぎる人。
真剣に読んでくれる人、読んでいるけどコメントは入れない人。
まじめに、コメントを入れてくれる人。
悩みを相談する人。
愛を告白する人。

ただ、いろんな人がいて面白いし、
僕が思うのは、そんなに悪い人はいない、ということです。
どなたかが言っていました。
「はげおやじさんのところは、優しい人が集まっていますね」
本当にそうなんだろうと思っています。
ありがたい限りです。

だから、シバタくんもどんな関わり方をしてもいいので、
決して、決して・・・・
          僕のことを捨てないで!!

  今後とも宜しく!の・はげおやじ・より


  **********


【M】

本日、水曜担当の〈M〉です。
そう、ケツはサイズではなく弾力です。それとカタチね♪

たくさんの卒園生たちの「その後」は、こんなふうにいい話ばかりではなく胸詰まる人生もあることでしょう。
いつか〈S〉くんが
「誰かが幸せにしてくれるなんてことはありえない。幸せになるには自力で頑張るしかないけど、でも『幸せになりたい』という意欲をくれたのは他人だった」
と言ったのをきいたことがあります。
愛情を受けた、愛されたという充実を知る人だけが自分の価値に気付き、幸せになろうと頑張れるのかもしれませんね。

ケツのキュッと上がった・MICHIO・より


  **********


【はげおやじ】

 Beehive MICHIO様

愛されたことのない人は、
『愛する』っていうことが何なのか分かりません。
普通は、両親の愛情をもらいながら成長するのですから、
自然と『愛する』の意味を理解します。
しかし、そういう経験がなければ、それが何を意味するのか、
分からないのだろうと思います。

知識はありますから、『愛』って『セックス』?
例えば、そう思ってもおかしくないということです。

だから、愛することもそうですが、信じることも、
誰かが、施設の子どもたちに体験させてあげないと、
子どもたちは、人を愛せない、信じられない人に、
成長するかもしれないのです。
そして、すごい変な奴!と思われるということだけど。

その役目は、とりあえず施設の職員が負わされます。
だから、責任重大っていうわけです。
まあ、他の人から学ぶこともあるんだろうけど、Sくんみたいに。


これで、伝言ゲームは終結ですね。

って、最後にKさんに締めてもらいたいんだけど。

おーーい、Kさーーん、どこ行ったーーー
隠れてないで、早く出て来ーーい!


ただ、ひとつ問題が残りました。
『Mさんのケツは、ほんとは垂れてるんじゃないか疑惑』です。
この問題については、永遠の謎ということにしておきましょう。

ぼ、ぼくは、キュッと切れ上がっっていると信じていますよ、ほんとに。

  Mさんの奴隷になりたかった・はげおやじ・より


**********


これでおしまい。


ほんとは、まだまだ続くと思いますが、
一応、今回のコメント合戦はこれで終結ということで整理します。

最後まで読んでくれた人はいるのかなあ?
そんな奇特な人がいるのか?

もしいたら、ありがとうございました。

    大いに感謝する・はげおやじ・より

« お久しぶり!! | トップページ | 人並みにGW!! »

詞人集団 Beehive 関連」カテゴリの記事

コメント

はあはあ、頑張って読みましたよ全部!!7分かかりました。
しかし、よくまとめましたねー。
コメントは皆様の分もいつも楽しみで、すべて読ませていただいてるのですが、こうして読むとよく理解出来ました。
なるほど。。
Sさんは信心深い不良だったわけね。愛すべきSさん。3人様はなんだか不思議な縁ですね。

「与えられたタレントを無駄にしないように」って言葉。
ずーっと昔、日曜礼拝と朝6時の聖書勉強会に通っていたころ、よく聞いた言葉だなと、思い出しました。
今はさっぱり集っていない・なんちゃって・なので、はげおやじさんの言葉で「はっ!」とさせてもらっています。はあ、ずいぶん抜けています私。また聖書ちゃんと読み直さないとと思いました。

はげおやじさんところはコメントも面白くて
いつも読ませていただいてましたが、
(あっ、もちろん記事もちゃんとよんでますよcoldsweats01

なるほど。まとめていただくとよくわかりました(*^^)v
SさんMさんと、SさんKさんの関係。

ところでKさんとMさんの関係は?
Sさんをめぐるお二人の関係はいかに?

実はKさんとMさんもできちゃってるとか(笑)

本当に仲のいいお三人なのですね。
ブログも読ませていただきたいと思います。

またはげおやじさんとお三人のやりとり
楽しみにしています(^^♪

全部読みました!!!

このやりとり、絶妙ですね。
・・・めくるめく愛・・・いいなあ♪♪

てっきりはげおやじさんとBeehiveの三人さん、
知り合いだとばかり思っていました><

一つ聞いていいですか?
Mさんは女性なんですよね?
どうして名前がMICHIOなんですか??

でもゲイの方って優しいですよね。
私の幼なじみのオカマの人もいい子ですよ。
前に久しぶりに会ったら
「あなたねえ、人間強く生きなくてどうするのよ!
甘ったれるんじゃないわよ!」
と説教受けました。
彼は苦労したぶん強くなっていました。

だから、
はげおやじさんもその調子で頑張ってください♪
なんちゃって(笑)


ところで、はげおやじさん。いえ、パパ。
サマンサさんのブログを見ましたが、
サマンサさんが心の恋人なんだね。

現実と施設の娘さん以外の、
心の娘も出来たら私一人がいいです☆
あっもう他にいるでしょうか。パパはモテるもんね~。。

  サマンサ様

読破第一号です。
誰も読んでくれないかと思ってたんだけど、
このコメントを入れる時点ですでに3人が読んでいます。

このブログの熱心な読者だけが、コメントを入れてくれるものと思います。
たぶん、この3人で終わりでしょう。

僕にしても、サマンサさんにしても、
『何か』を持っているはずです、人と違う何かを。
それは、決して人のためになるとか、人の役に立つようなものではないかもしれませんが、
それが、たまたまこの世に生を受けた僕、サマンサさんの自分たる所以なのです。

だから、自分を大事にしないと。

だから、僕は自分が大好き!
ナルシストと言われてもいいんです。
自分で自分を好きになれなくて、他の人が好きになってくれるはずがありません。
それは、自信がある、ということとは少し違いますが。

  自分のことが大好きで、でもどこか自信が持てない・はげおやじ・より

  boomin様

読破第2号です。

なるほど、問題はKさんとMさんの関係ですね。
それは考えませんでしたが、
今後、考えていかなければいけない問題です。
はっきりさせていかなければいけません。

『KさんとMさん、できちゃってるんじゃないの疑惑』
新たな問題提起ですね。

今後の解決にご期待ください。

余談ですが、
Sくんのお世話になった牧師先生が亡くなられたそうです。
さすがのSくんも、ちょっと、冗談のようなコメントは、しばらく書けないかもしれません。
牧師先生のご冥福をお祈りします。

  仲良し3人組とともに祈る・はげおやじ・より

  ぴよこ様

読破第3号です。

そうですよね、僕も考えていたところです。
ひょっとして、Mさんは、女性のふりをしている男性で、
この3人は、男3人で相当やばい関係なんじゃないかと。

本人たちが違うと言っても、
この文字だけの関わりでは、なんとも確かめられません。

Mさんは、とても可愛い女性の格好をした男性かもしれませんから、
ちょっと見ても分からないかもしれません。

これは、もう信じるか信じないかの問題です。
宗教か、これは。
Beehive教なるものが存在する可能性もあります。

考えれば考えるほど、その確率は高いような気がしてきました。

新たに浮上、『Mさんは実は男じゃないか疑惑』です。

これも、確かめなれればなりません。

いろいろと新たな疑惑が出てきました。
いや、これは引き下がれません。
はっきりしなくちゃ、気が済まない気分です。

  この野郎!俺を騙しやがって!と思う・はげおやじ・より

     (まだそうと決まったわけじゃないか)

はげおやじ様

以前から気になって是非blog読みたいと思っていた御三方なのですが、携帯からは限られた時間ですし探せないのですよ。。

コメントからの誘導もurlもはげおやじ様のとこないですし、どうにかして!とワガママを言ってみます。

  れま様

読破第4号です。
奇特な人が結構いるものです。
携帯で読んでくれている人も結構いるようですが、
この記事は7、8回『次へ』を選択しないと、
最後まで読めないようです。
そこまでして、読んでくださってどうもでした。

で、BeehiveさんとこのURLですが、
http://beeehive.at.webry.info/
です。

携帯でインターネットはほとんど見ないので、
このまま、貼り付けて大丈夫なのか分かりませんが、
メモするなりどうなりして、見てみてください。


このコメントを読んでいる人にご紹介ですが、
このれまさんは、現在、山奥で泊りがけで派遣の仕事をしていて、
パソコンを使える環境じゃないので、
携帯でブログ記事も更新しているようです。
僕には到底携帯でたくさんの文字を打つのはできませんが。

れまさんのブログは、偶然知ったのですが、
結構、僕のお気に入りです。

皆さんも見てみてください。
URLは、
http://blog.livedoor.jp/ghangster/
です。

  百聞は一見にしかず、ですから
    ごゆっくりどうぞ、と思う・はげおやじ・より

私も~皆さんのコメントが楽しくて~毎回楽しく読ませていただいておりました~(^^)
読みなおしても 面白いですねぇ~(爆)

Sさん・Kさん・Mさん~ ~とHさん の
愛情あふれる 爆笑記事のやり取り・・・

3人の色々な疑惑と、関係者Hさんが誰かに恋したりしないかなぁ~?
はたまた、3人の誰が 関係者Hさんをめぐっての?めくるめく~~?
<妄想で暴走してしまいました。すみません!>

とにも?かくにも?
引き続き、目が離せない やり取り♪楽しみにしています(笑)

ブログって本当にすごいですねぇ~♪
会ったことのない皆さんとの やり取りとは思えなくて~☆

はげおやじさんの ブログの コメントのやり取りだけで~色々想像していますが。。。(^^)
~ みなさん やさしい方が多いですねぇ~(^^)
また きまぁ~す!

・・・・・
・・・読み逃げ続きで(^^;; すみませぇ~ん!
>ちょっと前のコメントのスウェーデンリレー☆
ありがとうございましたぁ。検索して~解決しましたぁ~♪

  ちびたん様

読破第5号。

読み逃げ大歓迎です。
いちいちコメント入れられるか!ですよね。
言っちゃなんですが、僕もちびたんさんとこ遊びに行っても、
「今日の記事はコメント入れにくいから、そのまま帰るべ」
なんてことも結構ありますから。

僕は、コメントも大事にしています。
心を込めてコメントのお返しも書いています。
記事よりも、コメントが大事です。
・・・・そんな馬鹿な!!

いずにれにしても、これがネットの面白いところでしょう。
顔が分からないから、好きに話せる、ってところもありますからね。

ちびたんさんだって、相当の美人だそうですね。

 (ってことにしておきなよ、どうせ分からないんだから)

今後の展開、さてどうなるのか。
Happy Endは訪れるのか。
はたまた、4人仲良くひとつのベッドで・・・・

   怖い、恐い、こわい、kowai、コワイの・はげおやじ・より

はげおやじさん、オハヨウございます〜(^o^)/
最後まで読みましたよ〜(^o^)/
コメントなのに感動&笑い(^_^)
でもはげおやじさんとBeehiveさん達はリアルでもお友達だと思ってましたぁ〜(^o^;)
ブログって色んな意味で凄いですね♪
ちなみに私はブログを読むけどコメント入れない人によくなります。笑

  きらきら様

読破第6号です。
結構、読んでくれる人がいるものですね。
ありがたい限りです。

きらきらさんは携帯ブログ派ですよね。
携帯で文章を打つなんて技は僕にはできないね。
普通にはのろのろと打ちますけど、好きじゃない。
感心してしまいます。

それにしても、
何にも知らない人とこんなコメントのやり取りをしているなんて、
Beehiveの人たち、ちょっと変な人たちだと思いませんか。
僕には理解できないね。
これはどう考えても、

Beehive=変人の集まりとしか思えない。

ということは、・・・・・・僕って、もっと変人?

  『はげおやじ変人疑惑』の浮上した・はげおやじ・より
  

読破第7号です。

旅先からこの記事を発見。
当事者として、後ほどあらためて、きっちりコメントさせていただく予定。

なお5日夜に更新予定の記事では、この記事を受けて〈K〉さんからの真相釈明の詞を掲載する予定。

お楽しみに…。

はげおやじさん、こんばんは~。
読みましたよ~。
最後までちゃんと。
おもしろかったですぅ~( ´艸`)プププ

新たな疑惑もでてきたようですし、
コメント合戦はまだ続くんでしょうね。
楽しみにしています。

最近はすっかり読み逃げばかりでしたので、
久しぶりにコメントしてみました~ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

  Beehive S様

やっと来たか。
って、弔問中なのに失礼しました。

『読破第7号』の台詞は、僕の役目なんだから、
勝手に取らないで!
ほんとに、もう・・・・・

5日ですね。

楽しみ、楽しみ!!!

  つまらなかったら、ぶっとばす・はげおやじ・より
 

  snow様

読み逃げ結構!
大歓迎です。

たくさんの人に楽しんでいいただけることが大事ですから。
コメントのあるなしは、あんまり関係ありません。

もちろん、聞いたからには、
「snowさんて、そんな人なんだ、そうなんだ!」って思いますけど。

嘘、嘘、冗談ですよーーー。

  心底、真面目な性格の・はげおやじ・より


読破第8号、ありがとうございました。


なが~~い文章でした。
なんと全部は読めませんでした。ちょっと用事が出来て、コメが精一杯です。続きは次回。
途中逃げ第1号かな?
また来てちゃんと読みますから。今1/31は読んだはず。
ごめんちゃい。

はじめまして。
Beeさんとこのブログをいつも読んでいた者です。
コメント欄を読んでいて、はげおやじさんのブログにたどり着きました。
そして、全部読んでしまいました。「しまいました」なんて失礼ですね。
相当楽しく、ちょっとした小説を読み終えたような読後感があります^^
今までBeeさん達のブログを読ませていただき、私の中での3人のキャラ設定ができていたのですが、こちらの今回の記事を読んで、それがさらに広がりを持って色づけされたような感じです。
そんな3人の物語(プラスはげさんで4人かな)を自分の頭の中で妄想していく作業がすごく好きです。
会ったこともない人たちにこんな感情を抱くなんて、私もちょっと変かも・?ですが、毎日楽しませていただいております^^
もしかしたら、「Bee組物語」なんていう物語がドラマ化されてもおかしくないんじゃないかと思っている、T-Cafeより。
また、遊びに来ます(*^_^*)

はげおやじ様、飛べましたよーbお手数かけてすみませんでした。
濃い方がたのようで色んな記事が楽しかったです。

ありがとうございました!

  しゃちょー様

途中帰還第1号!
おめでとうございます。
いろんな人がいた方が面白いですから。

ちなみに、
この記事は、3回に分けて読むことをお勧めしています。
分けて読んで、深く、深く味わってもらいたいからです。
読み方によっては、感動のコメント集ですから。

読み方を間違うと、
『変態集団 Beehive』になってしまいますけど。

時間のあるときに、
またゆっくり読んでください。

しゃちょーさん、トイレですか?
それにしちゃ、長いなあ。

  失礼で失礼!の・はげおやじ・より

  T-cafe様

はじめまして。
Beeさんのところから、ようこそ、いらっしゃい。

読破第9号。

僕は、Beeさんとこみたいに、集客していないので、
まあ、この程度がちょうどいいかなあ、と思っています。
コメントにも、ゆっくりお付き合いできますから。
まあ、気長にやっていきます。

『ドラマ化』ですね。
いい考えです。
相当面白いと思います。
『相棒 ―面識がなくてもそう呼べるのか―』で、どうでしょう。
知らない同士なので、画面に一緒に出れないのが辛いですが。
そんなドラマ、ありえないでしょ!?

『アニメ化』はどうでしょう。
『サザエさん ―波平さんを中心にその取り巻きたちの物語―』

  いろいろ考えるだけで楽しい・はげおやじ・より

  れま様

それは良かったです。
みんなで、面白さは共有しないとですよね。
Beehiveさんたち、今は、旅先のようですが、
帰ってきたら、れまさんとこにも、出没すると思います。

律儀な人たちですから。

  コメントが楽しみの・はげおやじ・より

こんばんわ、長ーいお手紙よませていただきました。
あちらではよくコメントを みさせていただいていました 。
Sさんのとの コメント神様への思いをつづった言葉のやりとりや、また 養護施設(←名称がただしいでしょうか?)での話、また、はげ親父さんの子供さんたちへの コメントなどにも興味深い思いです。
どうしてか、わかりませんが 私は 両親ともに健在ですが、別でいます。心は 僕の子供のころから
離れているのがわかりました。夫婦ってなんだろう? 親子ってなんだろう?
もっと言えば 人と人のつながりって何だろう?どんどん私たち日本人が持ち合わせていた、
日本人らしい 良い国民性。(一つ例えるなら、遠慮や おくゆかしさ、かな?)
そう言ったものがどんどん失われていく中、 人が人を支えようとする姿に 
単純に「どうして??」と 思うのです。
自分自身も そういった経験があり、 できればそういった 役割を担いたいという 想いが無意識の中にあるようです。 またおじゃまさせていただきます。

 

  あたたか(あたたかデザイン)様

コメントありがとうございました。
Beehiveさんのところのコメントはときどき読ませていただいていました。
さっき、あたたかさんのブログにも寄ってみました。
とても温かい感じのブログで、子どもの思いのお父さん、って感じですね。

僕の都合のいい神様が、どうして世の中に不公平を作ったのか。
無理やり、考えるとすれば、
それは、みんなが助け合うように、ということでしょうか。

ある人はない人にプレゼントを。
ない人はありがたく戴く。
そんな関係が自然なんじゃないかなあ、と思っています。

確かに、あたたかさんが仰るとおりに、
現状は、そんな状況からは遠いところにあると考えざるを得ませんが。
見る限り、悲しい現実です。
ただ、嘆いてばかりじゃどうにもなりませんから、
自分のできることを行動に移すことが大事です。

あたたかさんは自分の仕事や本作りでも、
そんなことを考え行動に移してらっしゃるのですね。
僕も、自分に言い訳をしないで、あたたかさんを見習っていきたいと思います。

  あたたかさんのブログを覗けて良かったと思う・はげおやじ・より

遅ればせながら参上いたしました。
渦中のBeehive 倉本です。
コメント欄も含めて、楽しく拝見させていただきました。
この記事は、奇遇にもBeeの三人が共通の知人の葬儀で一堂に会している夜に見つけました。
葬儀の参列者が帰ったしずまりかえったホールで、何やらケイタイをかちゃかちゃやってたシバタが突然笑い出しまして、ああ、恩師を亡くしたショックでとうとうおかしくなったかと思いきや、「はげさんにやられた!」と泣きはらした目をうれしそうに細めてこの記事を見せてくれました。
Mさんも大ウケで、しんみりと疲れきった場が一気に明るくなりました。
特にシバタの笑顔はここ数日では久し振りだったので、それだけでもはげさんに感謝です。

さて、事後承諾で申し訳ないのですが、僕たちのほうのブログでも、最新記事でこのページをトラックバックさせていただきました。
決して報復措置ではなく、愛ある相互交流を狙ったものです。
いや、ここを見た人なのか、それとも僕らのブログでのやりとりにただよう微妙な空気を察知したのか、最近、僕らに関する問い合わせの非公開メッセージがいやにたくさん入るものですから、それらへの返事もかねて。
なにより、当事者の僕たち3人が、はげさんのところで盛り上がったこのやりとり、どこまで冗談でどこまで本音なのかわからなくなってきた、というのが釈明記事をアップするに至った経緯でもあります。

というわけで、今後とも、親しい相互訪問をお願いしたく、あらためてごあいさつ申し上げます。


最近は自分でも自分がわからなくなってきた・倉本・より

  Beehive K様

そうでしたか。
偶然だとは言え、そんなところで笑いを誘えて、
僕としては嬉しい限りです、良い役回りでした。


そう言えば、思い出しました。
記事にも書いている僕の親父が死んだ時、
兄弟姉妹でみんな集まるじゃないですか。
うちは6人で、みんなが集まることなんかないもんだから、
お通夜の夜、みんなで酒を飲みながら大声で笑ってたら、
うちのお袋さんが、
「近所の手前もあるんだから、もうちょっと静かにしなさい!」って。
まあ、それもそうなんだけど。
もう20年以上も前の話になるか。

キリスト教では、
「死ぬのは天国へ行くことだから大丈夫!!」
なんて訳の分からないことを言ったりして。


このコメント合戦の記事、読んでくれる人少ないかと思っていましたが、
「ヘタな短編小説より面白かった」なんて言ってくれたり、
「本にした方がいいよ」なんてのは、ちょっと大袈裟だけど。

だから、勿論文字だけの関わりで、
Beehiveさんたちがほんとはどんな人たちかは分からないのだけれど、
面と向かえば、すべてが分かるというものでもないし、
なんとなく理解しています、でいいでしょう、誤解かもしれませんが。

これからも、それなりの付き合いが続いていけば、
またそれなりに理解も変わっていくでしょうし。

それがまた、楽しみです。

  これからも引き続き宜しく頼もうぞ!と思う・はげおやじ・より


 おまけ

ブログの記事も読ませていただきました。
様子を見て、コメント入れさせていただきます。

今日(5月5日)のBeeさんのブログより参りました。
最後まで読ませていただきました。
疲れました、笑・・
Sさん Kさん Mさん はげおやじさん のタレント性に
まいりました。
 また、楽しみに 寄らせていただきます。

  きらり様

ようこそいらっしゃいました。
疲れましたか。
そうでしょうねえ。
僕だったら、こんな長たらしい記事、絶対読みません。

書いた野郎の顔を見てみたいくらいです。


こんな関わりもできるんですね。
ネットって、なんか不思議な感じもします。
頭をグルグル回転させて、
できるだけ面白く、しかも真面目さも失わない、を考えて、
コメントしていました。

ふーーっ!って一息入れているところです。

さあ、Beehive3人組!改めて来るなら来い!
俺は待ってるぜ。

きらりさんも、良かったらまた来てください。

  ほんとは真面目な・はげおやじ・より

 今日は。
 はじめましてBeehiveさんのブログからきました。
 やり取り面白くはげおやじさんが三人の親だと思いましたよ。

  珊底羅様

はじめまして。
ようこそいらっしゃいました。

最後まで読んでいただけたようで、良かったです。

それにしても、Beehiveさんのお父さんですか、僕は。
48歳ですから、
たぶん、Mさんと同じくらいの歳だろうと思います。
 (なんてこと言ったら、Mさんに怒られる!)
まあ、一回りくらいの違いでしょうか。
よく分かりませんが。

それは、僕がBeehiveさんたちを大きな愛で包むような、
そんな感じ、ということですよねえ。
 (なんてことを言ったら、Kさんに睨まれる!)

っていうか、みなさんを赤子のように、
捻ってる、ってことですね。
 (なんてこと言ったら、またSくんが挑戦状を叩きつけてくる!)

すいません、また馬鹿なことを言いました。
とにかく、そんな僕ですが、
今後ともよろしくお願いします。

今度いらっしゃることがありましたら、
URLを貼り付けてもらえるとありがたいです。

  自分の歳を考えろ!っつーーの!
     自分で思う情けない・はげおやじ・より  

そろそろ順番としては私が出てきたほうが自然なの?
特に言うことはないんですけど、いちおう礼儀かと思いまして、こんちは、お疲れ様です。
BeehiveのMICHIOです。

ドラマ化ねえ。
シバタと倉さんの恋のさやあてがメインストーリーとなって進み、私は完全に脇役にまわることが見えてるので、ドラマ化権の譲渡に反対して、せいぜい権利料を釣り上げてやるわ。
だってあまった私が最終回でおさまるところといったらドライバー役のはげさんくらいしかいないじゃん。(←不満)
シバタと倉さんのゲイ疑惑も、二人が否定してるうちは面白かったけど、倉さんが真剣に激白し始めちゃったし、それを見守るシバタの目も心なしかうっとり潤んでる感じなので、ますます私は蚊帳の外。
もうBeeからひとり脱退してきて、ここに引っ越してこようかしら♪
「はげおやじ&MICHIO通信」ってことでどうすか?
それでBeeの二人がここのコメント欄で遊び始めたら、私が撃退してあげるってのは。
検討しておいてくださいね。
それでは真面目なほうの最新記事にも寄らせていただきます。

  Beehive M様

『不満』ですか。
結構いいのになあ。
僕のテクニックを知らないな?
知るわけないか。

盛り上がる二人をよそ目に、
熱く燃え上がる美人秘書とドライバーの恋。
年齢の垣根を越え、髪の毛のあるなしに関係なく、
落ち込む秘書を優しく垂らしこむドライバー。

いいなあ。

別にSくんやKさんが来ても、
さして僕は困らないから、
Mさんは、ひとり細々と雑貨屋を営む、っていうのはどうかな?

  恋に破れ傷心のMさんへ
     心より愛を込める・はげおやじ・より

初めまして!
Beehiveさんのブログから参りました。亜実と申します。

記事、最後まで読ませていただきました。
はげおやじさんとBeehiveさんの3人のやりとり面白かったです☆

こういう、やりとりいいですね~
文字のコミュニケーション。ネットの世界だから言えることもありますよね。
3人は本当に仲がよく素敵な関係だと改めて思いました。

はげおやじさんは3人から頼りになる存在だと感じます。


Beehiveさんの3人は最近私にとっても気になる存在です。
いつからかBeehiveさんの記事にコメントをするようになってこの3人はどういう出会いをして一緒にブログをするようになったのだろう~と興味がわきBeehiveさんのブログにお邪魔しています。


このやりとりを拝見してまた3人の関係性が分かってきた気がします。

  亜美様

ようこそ、いらっしゃいませ。

頼られる存在ですね、僕は。
やっぱりそうじゃないかと思っていたんです。
Beehiveさんたち、僕に甘えてるんだ。
よかった、よかった。

ネットの言葉だけの交流ですから、
ありがたくほめてもらうことにしますね。
感謝、感謝!!

Beehiveさんたちは、相当頭がいいんだろうと勝手に思ってます。
僕だったら、とてもあんな数のコメントに対応できないもの。
もういいやと、途中で投げちゃうと思います。
いくら繁盛していると言っても、です。
頭脳明晰だからできる技でしょう。
いくらでも言葉が紡げる、と言うのでしょうか。

告白に走ったKさんの今後はいかに!?
僕も楽しみです。
みんないろいろと苦労してきたんだろうなあ。
なんとなくそんな気がしています。

僕のブログの最新記事へのKさんのコメントも読んでください。
本当の良いこと、書いていますよ。

良ければ、また来てください。
URLいただけるとありがたいです。

  僕も負けちゃいられない・はげおやじ・より

こんばんは~
はげさまの面白楽しい米に感心しながら読ませていただきました
有難うございました

  織り姫様

このコメントを書くのは、随分苦労しました。
展開が面白くないとだめだし、
これ以上続くと、僕の頭はパニックになるところでした。

僕は、記事よりもコメント返しを大事にしています。
なんて、ありえませんよね。

またいらして下さい。

  コメントを楽しみに来る人も多いブログの
             管理人・はげおやじ・より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お久しぶり!! | トップページ | 人並みにGW!! »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31