フォト

mail

« 『子どもの権利』 について | トップページ | 親とは »

2009年5月28日 (木)

【1】 ヘアリキッド 山本山 どっきりアヘ

意地の悪いBeehive Mさんが、
前々回の記事のコメントで、無理難題を吹っかけてきました。
勝負をしてやろうと、意気込んだものの、
こりゃ、だめだわ。
が、戦わずして、試合を投げちゃいけないという僕の信念で、
一応、全身全霊を込めて、考えてみました。

さて、どうでしょうか。

まず、そのときのMさんからの挑戦状(コメント)をコピーして貼り付けておきます。
分かりやすいように、【1】~【4】の番号を振っておきました。


  ******


「私は、はげさんのファンクラブの会員じゃないですから!」と、無言の主張をしたくて、ずっと柱のかげにかくれて見ていましたが、みんなが「今のままのはげさんでいて♪」と言ってるので、なんだ、つまんないと思って、かくれてる気も失せて出てきてしまいました。
みんなそんなに削除光線がこわいのね。(笑)
これじゃ、はげさんも張り合いがないでしょうから、私が無理難題を言ってみますわ。

【1】「ブログの記事タイトルを、回文(逆から読んでも同じ文)にしてみる。」
たとえば、「ヘアリキッド けつにつけ どっきりアヘ」みたいな。

【2】「今度ここにウチの倉さんが来たら、誘惑して、シバタとの仲を裂いてほしい」
やっぱり同じブロググループ内でカップルがデキちゃうのは、気分が悪いので。
シバタを誘惑するんでもいいです。
私のことは別に誘惑しないでいいですから。

【3】「一回くらい、すごくキザで二枚目ぶった記事を書いてみてほしい」
すでにそうしてるつもりだったらごめんなさい。もう少しがんばってみてくださいよ。
ときどきうちのメンバーが書いてるような、赤面モノの詩をアップしてみるとかね。(笑)

【4】「いっそのこと今ある毛もぜんぶ刈り込んで、汚れたタンクトップを着て、ダイハードのブルース・ウィリスになってみる」
もちろん、確認チェック用の写真をアップしてください。

さ、上の中のどれにする?
選ぶのはげさん次第ですよ。

〈M〉


  ******


【1】 については、いかがでしょうか。
この記事の題名ということですが。
「この回文の意味が分からない」なんてことを言ってはいけません。
この怪文の意味は、皆さん自身が考えなければいけないのです。


【2】【3】は、同時に考えてみました。ちょっと違うか。

『はじめての恋文』

僕が初めてあなたを知ったのは 数ヶ月前のこと
一目惚れなんて それまで信じてなかったのに
そんなことってあるんですね

あなたのブログの言葉を読むだけで 心ときめくこの気持ち
もうあなたから 離れられない
起きている時は いつもあなたのことを想ってる
そして あなたのこと 考えてばかりだから
眠りたいけど 眠れない
うとうとするけど あなたの夢 見てる

ひもすがら よもすがら あなたでいっぱい
こんな気持ち 僕は初めて

自分の気持ちに 素直になってもいいですか

僕の想いを 伝えてもいいですか

きっとあなたは 僕のことなんか振り向いてくれない
分かってる
でも この気持ち 抑えられない

だから ただ聞いてくれるだけでいいから

お願いだから  
笑うことだけは しないで下さい お願いだから

 - あえて、Mさんへ -


【4】添付写真
お望みどおりに、髪の毛は全部剃ったのですが、
それじゃ、面白くないので、
赤毛のカツラをかぶって、写真を撮ってみました。


Photo

******

さて、どうでしょうか。
写真はなかなかいけてると思います。

さて、皆様の判定を、コメントでお寄せ下さい。

  ほんと馬鹿だなあ、自分で思う・はげおやじ・より


« 『子どもの権利』 について | トップページ | 親とは »

詞人集団 Beehive 関連」カテゴリの記事

コメント

すごい!
見事にやってのけましたね!
おめでとうございます!(何が。)
感涙にむせび泣くMICHIOでございます。
男性に(たとえはげおやじでも)、これほど要求どおりに応えてもらったのは久しぶりです。
よし、これからは私、女王キャラから足を洗って、おねだりキャラで行くわ。

でもさ、はげさん、よく読んでみたら…
私を誘惑してどうすんのよ。(怒)

  Beehive M様

最初に、当の本人からコメントをいただくとは!

で、合格ですね。
よかった、よかった。

って、もう限界なんです。
って言うか、限界を超えてのアップアップの記事なんです。

だから、『おねだりキャラ』だけは勘弁してください。

それで、
僕の『愛』は受け取ってもらえたんですね。

チュッ!!

  48歳でも、ブログでよかった・はげおやじ・より

はげさまってすごいです
 はじめての恋文
  超うま です
わたしなど、こんな名文思いつきませんね
こんな恋文もらったら
好きな人からなら天に昇る気持ちになれるし
やな人からなら、超悩んじゃいますね

  織り姫様

お褒めの言葉、ありがとうございます。

ただ、問題があります。

〉やな人からなら、超悩んじゃいますね

なんですから、
僕がこんな手紙を書いたら、
みんなを悩ませるだけかもしれません。

だから、
僕は今までラブレターを書きませんでした。
そんな結果が恐かったから。


言葉というのは、便利なようでやっぱり恐いです。
僕なんか、その気になれば、
女性を騙すことくらい、軽い、軽い。
上手く口車に乗せて、なんてのは朝ごはん前です。

まあ、そんなことは考えたことありませんけどね。

だから、ある意味ネットは恐いと思っています。
相手が見えないところでのコミュニケーションですから。
僕は、相手の顔を見て、が基本です。
表情から読み取れるものは大きいと思います。
今後とも、気をつけて、会話を楽しんでいきます。

  死ぬまでには一度くらい恋文を渡してみたい・はげおやじ・より

す、すげえ。
てか、ここまでやるか? ふつう・・・。
はげさんって、投げられた球はぜんぶ打ち返す主義なのね。
そういう人、好きよ、オレ。

恋文、俺あて? 倉さんあて? とドキドキしながら読んで、損した。

  Beehive S様

〉す、すげえ。

それは、お褒めの言葉でしょうか。
それとも、さりげないけなしの言葉でしょうか。
「こいつ、馬鹿じゃねえーの」みたいな。

すいません。
自分で言うのもなんですが、真面目な性格なもので、
こうなっちゃうんですよね。
完璧主義というか、やるならやるぜ!みたいな。
中途半端が好きじゃないし。
 (好きじゃない割には、なんでも中途半端になりますが)

なんか、頼まれたら断れないとか、そういうのね。
言われたら、やらないと気が済まないとか。

まあ、僕なりに満足を得ることが大事なんです。
「なかなか良い出来だ!」
そうやって、自分を褒めてあげるために、
ブログ書いてる!みたいな。

恋文も結構いい出来!自分で褒める。

はい、はい、自己満足、自己満足。

  自分で書いてて、
    「す、す、すげえ!」と感心している・はげおやじ・より

  今晩は。
 <M>さんはげさんに恋してるよ。二人きりになった時の想像を。いくらやってもただだからね。

はげおやじ様

はっちゃけましたねw
どんな顔してこの写真を撮ったのかと思うと…グッジョブb

恋文、これ、はげおやじ様、
こういう思い、抱いた人が居たでしょう??
そうでなければこれほどリアルな恋文は書けないんじゃないかしら。
誰を思い出して書いていたのかな…と詮索心がまず初めに沸きました。

  珊底羅様

やっぱりそうですか。
僕も、どうもMさんは、僕のことを好きなんじゃないかと、
そう思っていたんです。
しかも、Mさんは照れ屋だから、
きっと、素直にはそう言えないんだよね。

(Mさん、分かる人には分かるって!
      ばれてますよ、Mさんの気持ち)

それで、想像の世界で・・・・

やば、僕の思い描く空想の男女の世界と言えば、
・・・あー、あー、なんて低次元なんだ。

でも、妄想の世界はいいですよね。
なんでも、考えられる。

僕は、今回の記事の写真で紹介したとおり、
ブルース・ウィルスばりなんですが、
Mさんは、会ってみたら、
『小太りの世話焼きばばあ』かもしれないですから。

(Mさん、そんなこと僕は思っていませんよ。
               例えば、の話ですから)

僕の妄想の中では、
若かりし頃の秋吉久美子かな?

いずれにしても、Mさんの気持ちは、
しっかりと受け止めさせていただきましょ、
しょうがないので。

  ただより高いものはないかも、と思う・はげおやじ・より

  れま様

期待には応えないと、と思っちゃうんですよね。
応えてるかどうかは別として。

そうですね。
こんな思い、実際に経験しないと言葉にできませんよね。

大きな声では言えないんですけど、
最近、こんな思いを持ちました。
人を恋する気持ちというのは、年齢とは関係ないものです。
実感しています。

しかし、こんな思いを伝えるのは難しいですよね。
恋文は、しかも、活字じゃだめです。
自筆の文字じゃなければ、気持ちは伝わりません。

ですが、いろいろと人には事情がありますから、
今回は、ブログのコメント欄を使わせてもらいます。

「れまさん、あなたのことを愛しています。
   僕の気持ちを受け取ってもらえますか」

   超・八方美人の・はげおやじ・より

おもろぉーーー!(爆笑!)
最高です☆
笑いすぎて 筋肉痛!!!

こんにちは^^
この記事のファーストコメはMさんだったのですね。。
合格点をもらった様。。

そう恋愛に年齢は関係ありません。

自由に恋しましょう!!(笑)☆彡

なっっっっっ。 W(○ω○;)W なんぢゃこりゃ〜〜〜〜〜〜
……いろんな意味で、きょーいの世界。

勝てぬ。はげおやじさんには勝てぬ。orz.....自分のブログでも、私はここまで壊れられない。

2000字劇場、また来てね。質問にも答えてね、のよろづ屋TOM。
拝っ。(-人-;)

恋文でドキドキして・・
ダイハードで突き落とされました。
はげさんのイメージが~~~www

  ちびたん様

〉(爆笑!)

〉笑いすぎて 筋肉痛!!!

僕にとっては、最高級の賛辞、ありがとうございます。
嬉しいです、こんなコメント。

笑いを得るために、この記事を書いたんですから。
笑っていただけることが、僕の喜びであり、
これからの励みにもなります。
だから、ちびたんさんのために頑張ろう!って。

ほらほら、また八方美人の虫が目を覚ましてきたぞ。

  筋肉痛のようですから、
     今度マッサージに伺いますね、の変態・はげおやじ・より

  betty様

恋の年齢はない、ですね。

僕も、いつだって、恋をしたいと思っているんです。
炎のように、燃え上がる恋、ね。
もう、自分を見失うような、熱烈な恋。

ちょうど、僕の書いた恋文のような。

ただ、恋は故意にはできない。
 (ヘタな駄洒落ですいません)
感情の赴くままに、ですから。

実際の恋愛は、難しいなあ。
個人的に関わるより、
いろいろな人と関わっていた方が、
今の僕にとっては、楽しいですから。

どっちを向いてもいい顔して、
そのうちみんなに、呆れられる。
近い将来、そんなことになるかも。
『はげおやじ通信』ブログ閉鎖の危機、みたいな。

  仕事も手につかなくなりたい・はげおやじ・より

  よろづ屋TOM様

TOMさんにも勝ったようですね。
っていうか、これは勝負の問題ではありません。
誰が一番、満足を得られたのか、です。
まあ、僕でしょうね。
この自己満足は、他の人に負けませんから。

っていうか、TOMさんにも、
他の人からも感じられるある臭いを感じます。

どこかバカにしてる・・・ってことですけど。
呆れて話にならない、ってことでもあります。

壊れてる?

何のことですか?

僕にとっては、普通でしょ、この程度。
っていうか、もともと壊れているのが当たり前、
僕は、正常に戻ったときが異常なんです。
なんのこっちゃ、ですよね。

こんなちょっと変わった特殊な人間ですが、
今後ともよろしくお願いします。

でも、ありがたくその評価、
言葉とおりに受け取らせていただきます。

・・・こんな時だけ、素直な僕。

  なんでも、自分本位で考えないとね、と思う・はげおやじ・より

前回の記事は、私のような者にはとてもコメが書けませんでした。 嫌いになったんじゃありませんからねー。

こんな恋文、もらったら・・・私なら、駆け落ちしちゃいますね(笑)
こんなのもらったら、一生忘れないでしょ~。いいなぁ。

この記事の話じゃなくて、あくまでも、もしもの話ですが、
読み手を意識しすぎて書いた記事は、読み手にもなんとなくそれが良くも悪くも伝わってしまうものだと思っています。
サービス精神旺盛なはげおやじさんは、そこも良いところであり慕われているんだけど。
お疲れでませんように。

肩の力ぬいて心のままに綴っていきたいなーと、自分は思っています。
いつも余計な事言って本当にすみません。
これからもひっそりと、応援しています。

  たんぽぽ様

〉はげさんのイメージが~~~WWW

だから、イメージがどうなっちゃうわけ?

地に落ちるのか、地獄に落ちるのか。

結局、落ちてますけど。


このブログでは、いろいろな自分を出す!を、
目標にしています。

前回の記事と、今回の記事では、
最大の振れ幅を意識して、書いてみました。
どうでしょうか?

  たかがブログですがね、と思う・はげおやじ・より

  サマンサ様

読み手を意識し過ぎた記事。
まあ、今回はそうですね。
前々回もそうか。
そう言えば、そんな記事、多いかも。

読んでくれる人をどこまで笑わせられるか、
笑顔にできるのか。
どこまでも受け狙いなんですよね、僕って。

そこが欠点だと言われれば、
「なんだ、この野郎!文句あるのか、
ちきしょー、当たってるな」と思いますが。

疲れることはありませんので、ご心配なく。

「次回もこんな記事を書け!」と言われても、
そうそう書けるもんじゃありませんし。

そんなことも、楽しみながら記事を書いています。
コメントの返事も、ね。

・・・言えば、そんな性格なわけですけど。
無理なんだったら、ブログ続けてないしね。
疲れたら、記事の間隔空けるのとか、また考えますから。

  ご心配ありがとね、感謝する・はげおやじ・より

こんにちは。
初めての恋文 です。絶対に。
Mさんに、仮想恋している(?)、はげおやじさんの
純情に、泣けました。smile

ほんとうに、Mさんは、ずっと年上のオバサンから見ても
魅力的な女性に見える。
キャサリン セタ ジョーンズ だったかな。
Kさんが書いていた、イメージどおりの 姉御仇ですよね。

はげおやじさんが、お慕いするの、当たり前よ・・・笑

  きらり様

やっぱり、分かるんですね。
この手紙が、初めての恋文だということが。
長く人生を歩いてこられた方は違います。


Mさんは、やはり頼れる存在で、
Beehiveの他の二人も頼っているでしょうね、結局。

そんなMさんに、恋する僕。
なんか、ほんとにそんな展開になってきたのか?
そう言えば、
前のBeehive関連記事で、
Mさんが、
「このドラマの結末は、ドライバーの僕とめでたく結ばれる」
って、確か言ってたな。
いよいよ現実味を帯びてきた。

今度から、Mさんをなんて呼ぼう?
『M!』じゃ、威張った感じだし、『おまえ』なんていうのもなあ。

そうだ、しっかり者だから、『お姉さん』でいいかな?
やっぱり、『お母さん』って、呼ぼう!
こっちの方が頼りがいがあるね。

  妄想が妄想を呼ぶ・はげおやじ・より

  ★ コーヒータイム ★

・はげおやじ・です。

コーヒーはありませんので、
自分で入れて飲んでください。
もし、僕の分まで作ってくださるのであれば、
砂糖は要りませんので、ミルクだけでお願いします。


今後、コメントが増えるか分かりませんが、
今回の記事での苦労点をご説明。

大体、写真がどうにもこうにもだったんです。
あんまり、写真を加工するということを、
普段やってないものだから、
たかだか、これだけの合成写真を作るだけでも大変!

自分で描いた顔の背景を透明にする方法が分からなくて試行錯誤。
ネットで調べていろいろやってみたもののできず。

あきらめようかとも思ったんだけど、
最後は、自分の持っているソフトで、
そんなに面倒もなくできました。
日頃やりなれていないことをやると、疲れる。
それだけで、1時間くらい掛かりました。

ほんとお疲れ様、僕!って感じ。

しかも、一度やっても忘れるでしょ、すぐに。
だから、今度また合成写真作る時には、
また同じ苦労をするに違いない!
そんなこと、前にやったかなあ?
やったことを思い出しても、やり方は覚えてない自信がある。
これは間違いない。

  いろいろやってみるのも楽しいんだけどね、と思う・はげおやじ・より


なお、Beehive Kさんは、自分の記事の僕へのコメントレスで、
「こんなに大笑いしたのは初めてだ」等、書いていました。
これで、3人すべてのコメントがそろい、
全体的な僕の主観的結論ですが、僕の圧倒的勝利!
ただし、僕の性格への不信が高まっている感あり、ですかね。

コーヒータイムも併せて読ませていただきました、
お疲れ様でした(笑)

お写真、胸毛でマッチョな肉体と
はげおやじさんの顔・カツラのギャップが
なかなか面白かったです☆

はげおやじさんってこんなに
かわいらしい、へのへのもへ字みたいな
お顔だったんですね!(笑)

恋文もとてもお上手ですね~。

僕らは三人でひとつのURLなので、全員がコメントしたら、同じURLから3回コメントしたことになるのでは・・・などと思い悩んでいた真面目な倉本です。
コメント欄もじっくり読ませていただき、はげさんがМさんの要求に応えるためにどれだけ苦労と時間を費やされたかを知り、涙ぐみそうになりました。
しかもМさんはキャサリン・ゼタ・ジョーンズに似ていません。
あれは適当に言ってみただけです。すみません。
でも濃いめの沖縄美人なので、ハリウッド女優にいそうな濃厚な感じの人です。
ブルース・ウィリスのはげさんとはすごくお似合いだと思います。
Sくんも、Мさんをさらっていったのがはげさんなら、今度こそ本当に諦めて、僕のところに戻ってくると思います。
末永くお幸せに。
(倉)

まず、はげおやじさんにとって不愉快な表現をしてしまった事をお詫びさせてください。
バカにするとか呆れるとか、まったくそんな事は考えもしませんでした。
むしろ正直に羨望の気持ちから敬意を払ってのコメントのつもりでした。
“壊れている”というのも私が普段から言われ、また耳にする言葉なので、ユニークな人には褒め言葉だと信じていて、不愉快な言葉だとは感じていませんでした。
重ねてお詫びします。

すでに看破しておられると思いますが、私が道に外れているわけで、だから人と話をする事が恐ろしくてなりません。
生来の話し好きだったのが、ある事件、ある時期から私は一種の対人恐怖症になりました。反面、本性はそうそう変えられず、閉じこもる事も恐ろしくてできません。
だから少しでも受け入れてくださる方がいると、つい図に乗って馴れ馴れしくなってしまう傾向にあります。
顔文字の使用もその一環だと思います。けしてフォーマルな会話では使いませんから。

言葉を生業にし、生業にしてゆくしかないのに気持ちやメッセージをちゃんと伝える事ができなかった自分を情けなく思います。
ウチのブログへのご意見、まったく初めての切り口で難しくて正直まだ理解できていませんが、逆にこれほど貴重で飾らない内容に心から感謝します。
許していただけるならば、また忌憚のないご意見をお願いしたく思います。

  楓様

言っちゃなんですが、
僕は、へのへのもへじみたいな顔じゃありません。
絵が下手糞であんな顔になってしまいましたが、
本当は、前にも言いましたが、舘ひろしなんです。
信じてくれないかなあ。
今度写真をアップしますから。
なんて言っても、
今回の記事からすると、大体どんな写真をアップするか、
見当がつくでしょうけど。
「ほんと、僕には付き合いきれない!」
って、自分で言ってどうする!?

まあ、顔はどうでもいいです。
僕が、僕自身をとっても好きだということが大事なんですから。

  ほんとに(しつこい!)格好良い・はげおやじ・より

  Beehive K様

僕の最大限の努力を、『Mさんへの愛』と、
理解していただけるとありがたいです。

これで、僕も幸せになれます。
ありがとう!

しかし、ここで言っておきますが、
SさんとKさんがくっつくというありきたりの展開は、
期待していません。
そんな話は、もう以前に出ていた話じゃないですか。

こうなったら、
ここはもう、涙の感動秘話で締めくくってもらいたいと思います。
『彼のこと・3』が、楽しみ、楽しみ。

Kさん、期待を裏切らないからなあ。

  無駄にプレッシャーをかける・はげおやじ・より

  よろづ屋TOM様

言葉というのは、ほんと難しいです。

誤解を与えたのは僕の方です。
TOMさんに褒めてもらっていると思い、
同じ乗りでお返しを書いたつもりでした。

言えば、僕はMなので、
(Beehive Mさんではありません)
バカにされたり、呆れられたりすることを喜ぶ傾向にあります。
そんな言い方は、僕の嬉しさの表現でした。
って、そんなこと、誰も分かりませんかね。

そんな誤解を与える文章を書いてしまって、
僕自身が反省しなければいけないわけです。

こんなことじゃ、
他の人も、僕の悪舌を誤解し、
ひょっとして傷ついたりしているのかもしれません。
っていうか、実際そんなコメントもありましたし。
 (非公開コメントも含めて)

なので、あまりに上品な方は・・・とも思います。

僕が気分を害しているならば、
2000字劇場へのコメントなんかしなかったでしょうし。

TOMさんのコメント、
最大限お褒めいただいたと思っていますので、
その旨、ご理解下さい。

あ、2000字劇場へのコメントは、
お酒を飲みながら書いたこともあり、
ただの戯言ですので、無視してくださって結構ですから。
僕の方こそ、失礼なコメントになったのではないかと思っています。

とにかく、今後ともよろしくお願いしますね。
『親しき中には礼儀なし』でいこうではありませんか。
なんて書いたら、また誤解されるか?

  今回のことはなかったことに!と思う・はげおやじ・より

  追記

コメントはひとつの記事でひとつと書きましたが、
今回のTOMさんのコメントは、
誤解ではありますが、緊急謝罪コメントのため、
例外とさせていただきますので、
みなさん、ご了解下さい。

昨日は赤毛ではない、まだ毛のある頃の
はげおやじさんの活躍を見てました。
そう、ダイハード2です。お疲れ様でした。
映画ではこんな歯の浮くようなせりふはなかったです。(笑)
かなり四苦八苦しながら書かれたんじゃありません?
Mさんに思いが届いたようで何よりです。

しかし、前記事とのギャップもまた良いですね。
いつまでも自分好きなはげおやじさんでいてください。
私も自分大好き人間です。自分の事好きでなきゃ
人生楽しくありませんから。ね!

  boomin様

恋文はそれほど時間をかけて書いたわけではありません。
たまにであれば、この程度のことなら書けると思います。
次から次に、というのは無理ですけど。
「歯の浮くような」冗談交じりの、
いえ、冗談ばかりの文章を書くのが得意のようです。

自分を好きになることは大事です。
せめて、自分くらいは、ね、
自分を褒めてあげないと、と思っています。
ただ、他の人も、自分と同じように好きになりたいんだけど、
そちらはなかなかうまくいきません。
つい、文句を言っちゃう自分がいて、
「これじゃ、いかん!」と反省しきりです。

一生修行ですから。

完璧な人間なんか、もちろんいませんが、
目指すところに近づきたいとは思っています。
言い訳ばかりじゃ、だめですから。

  さて、滝に打たれにでも行くか、と思う・はげおやじ・より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『子どもの権利』 について | トップページ | 親とは »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31