フォト

mail

« 携帯写真家 | トップページ | そんな時代だったとしても・・・ »

2010年4月20日 (火)

E.T.

突然ですが、
『The Extra-Terrestrial』 って知ってますよね。
30年くらい前かなあ、超ヒットした映画ね。
スティーブン・スティルバーグ監督。

子どもたちとE.T.との心温まるお話です。

大人なんかじゃ分からない、
素直な心を持った子どもたちとかわいいE.T.との関係。
子どもたちはE.T.を家に帰してあげたい。

”E.T. phone home”.

「E.T. うちに電話!」(字幕)って、
家に連絡を取りたいE.T.が、言うんだよね。


それで、
E.T.は、日本語に直すと、『地球外生命体』です。
宇宙人もやっぱり家族が大事なんです。

施設の子どもと求め続ける親との関係も同じです。

あー、どこへ行っても、大事なのは親子の愛、っていうわけね。


で、
僕はこんなものを持っています。

Et_1_2Et_2


もらった物だけど、キャラクター・グッズっていうやつです。

で、気付いてないだろうけど、僕のこのブログのURL。

http://extra-terrestrial.cocolog-nifty.com/blog/

ここにも出てくるわけね。
僕とは深い関係というわけです。

思い出しました。

僕が大学の時に、この映画を友だち数人と見に行こうと待ち合わせして、
僕はアルバイトの関係で少し時間が遅れて、みんなに置いて行かれて、
「おまえら、友だちじゃねえ!」って、思ったって話。

たかだか10分の遅刻だったのに。
すいません、当時は携帯電話のない時代でしたので、
僕は、友だちと会えなくて悲しい思いをしたという、そんな話です。

まあ、そりゃいいか。

だから、打算じゃなくて、温かな心が大事だということ。
いつまでも子どものような気持ちを持ち続けていたい、ってことです。

  実は、名前のイニシャルがE.T.の・はげおやじ・より


★ 名前は、適当にご想像下さい。
  相当ださいよ、内緒だけど。
  

« 携帯写真家 | トップページ | そんな時代だったとしても・・・ »

僕の自己紹介」カテゴリの記事

コメント

☆はげさま

私、もろET世代ですー。
・・・・・と言いつつ、映画見ていないんだけど。

でも実は私何をかくそう、
my親指がETの形です。
よく指先に顔を書いては
友達の失笑をかっていました。

はげさんのおなまえ
ファーストネームが「E」だと
限られる感じがします。

でもダサイというからには
永ちゃんではないんだな。

携帯のない時代の待ち合わせは
駅に伝言板とかありましたよね。
使ったことはないけれど、(幼すぎてよ)
相合い傘とか書いてあったな。

便利さよりもアナログなあたたかさが
あった頃ですよね。

  ivory様

親指がETの形ってどんなんだろう?
妙に曲がってるとか?幅が広いとか?

僕の名前は、惜しいところがあるんだけど、
まあ、内緒ということで。

ですが、
ここまで言うと、これはもうその気になれば特定できるね。
長く読んでくれてる人は。

どこにある施設か大体分かるし、
25年働いていて、49歳なんだからね。
児童養護施設で、そんなに長く働いている人、少ないし。
しかも、イニシャルがE.T.なんだから、
分からない方がおかしい!ってなもんです。

まあ、誰か分かっても、
別に困ることないし、いいんだけどね。
わざわざ探し出す人もいないだろうし。

そんなストーカーみたいな人がいたら、
是非、声を掛けてください。
デートにお誘いしますから、
はい、おばさんでも、おばあさんでも女性限定です。
第一生命、上場だし。

待ち合わせは、携帯のなかった時の方がよかったです。
僕的には、ですけど。
あんまり待ち合わせもしないんだけど、
最近は、
「遅れるようだったら、携帯でメール打てばいいし」
って、思っちゃうもんね。
前は、30分くらい前には着くように、
待ち合わせ場所に行ってたから。

なんか、人間がいい加減になってきている感じがします。

  アナログが、人には似合っていると思う・はげおやじ・より

お久しぶりですpaper

そういえば、イニシャルがE.Tだとは、初めて気づきましたlovely〇〇〇〇さんlovely


〇〇〇〇さんはE.Tが好きだったとはshock

これからもE.Tと末永く……って違うかwink

まぁ、お互い仕事、頑張りましょうd(@^∇゚)/ファイトッ♪


  卒園生の・めーぐ・様

元気そうでなによりです。

はい、僕は、E.T.です。
施設にいるときに気がつきませんでしたか。
今度、施設の子どもの運転する自転車の前かごに乗って、
空を飛んでみようと思っています。


そのうち、また飲みに行きましょう。
今度は、担当の職員も誘って行きましょね。

  地球外生命体は、お酒もザル、の・はげおやじ・より


★ あ、皆さん、めーぐちゃんについては、
  3月5日付の記事『犯罪の手助け』に紹介してあります。
  よければ読んでみてください。

 

 田中エイジさま。(もしくは江籐タケシさま)
 こんにちは。

E.T.は、私が小学生の時に、はじめて映画館で観た映画です。
当時すでに大学生だった、年上のお兄様のエイジ様と
夜の密会で押し倒したり押し倒されたり、といった話ができるようになったのですから、
長生きすると、いいことありますね。

でも、「ずっと愛していた」のはKさんで
「一緒に暮らしたい」のはSくんなんだ…。
気が多すぎるところがまた、ユニバーサルで宇宙レベル。
はげさんて、まさに地球外生命体なんですね。

これからも家なき子たちの家となって
この地球でのおつとめ、がんばって果たしてくださいね。
応援しています。


家に帰りたい・・・か。
帰れるホームを持っている子。
持っていない子。
その差が、あるんですね。
帰れるところを持っている子も
持っていない子も
求めているのは、母の愛なのかな。
家庭とは、家とは、
子供にとって、まるごとの自分を受け入れてくれる、
ほんわかくつろげるところ・・・。なのかな。

E・T 懐かしいですね。
大ヒットした映画です。
スピルバーグは 子供を描くのがうまいです。

ちょっと話が、飛びますが、
シンドラーのリスト の ガス室の中で
上からキラキラ落ちてくるガスを、
男の子がうっとり見上げる場面。
モノクロなのに、そこだけカラーで赤い服を着ている
小さい女の子が逃げる場面。
印象的でした。

E・T では、ハロウィンのお祭りで子供たちが
可愛く描かれてました。
子どもとE ・Tとのふれあい。

そうか、はげさんも、ETなんですね。
・・・納得です。笑

 今晩は。
 E・Tは流行りましたね。仮に実物が目の前に現れるとどうなるのだろう。

  MICHIO様

ここだけの話です。
みんなには内緒にしておいてください。

実は、僕は宇宙からやってきました。
地球の子どもたちの状況をなんとかしてくるように、との、
神様からの指令を受けたのです。

実際、地球はひどいです。
虐待死なんて言葉が、日常的に聞かれるようになったんですから、
これはもう、僕にはどうにもできないと、
昨日、神様に報告したところです。

神様は、
「おまえの周りだけでも、なんとかするように」
とのことでしたので、
僕は、これからもこの仕事を頑張って続けるつもりです。


で、
僕は、田中エイジです。
何で分かったんですか、Mさん!
Beehiveのブログで、Mさんには超能力があるみたいな話がありましたよね。
本当に、そうだったとは。
これは、ほんと侮れません。

っていうか、やっぱり、Mさんって恐い!

それでは、
今度から僕のことは、『田中くん』って呼んで下さい!

  さて、僕は使命を全うできるのか?不安の・はげおやじ・より

  嬉羅璃様

子どもたちはみんな、
自分の居場所を求めています。

安心して居られる自分の心地良い居場所です。

それは、親に期待できない子どもが多いのですから、
僕らがその居場所になってあげないといけないということです。
本当はね。
『愛着の対象者』という人もいます。

その通りなんです。
でも、満足できる愛着の対象者になりえていないのが現状です。
限度があるっていうことだけど。
それは、何度も言ってるから分かってもらえますよね。

ある意味、矛盾し続ける仕事です。
ずっとそういう葛藤を持ちながら仕事をしています。


↓と違って、真面目なコメントだな。
嬉羅璃さんの人間性に合わせてコメントしてみました。

ということは、Mさんの人間性は↓の通りと判断しました。

  とにかく、折角宇宙から来たので頑張る・はげおやじ・より

  珊底羅様

それが現実になったら、
僕だったら、サーカスに高く売りつけると思います。
一生働かなくても良いくらいの値段で売れないかなあ?


きゃー、僕のこと、売り飛ばさないで!

  お願いだから、の・はげおやじ・より

ET、良い話でしたよね!
夢があって。

高校時代、USJに行った時、
ETが好きだったバイト先の女の子に
ETのぬいぐるみをプレゼントしたことを思い出しました。

はげおやじさんもETさんなんですね(笑)
名前気になります。

  わたし様

E.T. かわいいですよね。

僕です。

どうぞ、僕をバイト先の女子高生にプレゼントしてください。

女子高生は喜ぶか分かりませんが、
僕は、相当喜びます。
ただし、女子高生はカワイイ娘に限ります。
僕は、相当キュートですから。

  すんません、おバカなおやじの・はげおやじ・より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯写真家 | トップページ | そんな時代だったとしても・・・ »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31