フォト

mail

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の7件の投稿

2010年8月30日 (月)

記事のネタがない! ・・・ 痛っ!

ブログに、何を書こうかなあと思っておりました。

面白いことないなあ。


  ******


昨日、僕は宿直でした。
で、主任に頼まれて、夜中に施設の玄関の天井に張った、
クモの巣を取っていました。

この夏の異常な暑さに、クモが大発生です。
とにかく天井がクモの巣だらけ。

最初は、掃除機で吸っていたんですが、
なかなかきれいに取れません。
それで、掃除の最後に、
取れなかったクモの巣を手で取ろうと、
事務室のパイプチェアーを持ってきました。

「ちょっとがたがたするけど、まあ、いいか」

ひとつは取れたんですが、
ふたつ目を取ろうとした時です。


僕の体は華麗に宙を舞い、玄関にドスン。

「痛い!!!!」

声が出ないくらいに痛かったのでした。
まあ、しばらく呻いていたという、つまらないお話です。

椅子はばらばら。
手をついた時の両方の掌と左足を負傷してしまいました。


「はげ先生、大丈夫ですか?」優しい職員の声。

ですが、


「ちっとも大丈夫じゃねえ。
 ちきしょう、あのクモの野郎、ぶっ殺してやる!!」


っていうか、
もう掃除機で吸って殺虫剤を掛けたので、
ぶっ殺した後でしたけど、ね。

あーあ、ついてないなあ。
いいえ、素敵なブログネタになりました。

・・・・・ 神様からの贈り物!?


朝、施設の小学生に言われました。

「はげ先生、しょうがないなあ、大人なのに」


  さっき病院に行ったら、
    骨には異常がなかった・はげおやじ・より


★ みなさん、突然壊れる椅子には、十分注意しましょう!

2010年8月25日 (水)

雲は流れて ・・・ 富士山の気まぐれ

今、読み返してみたら、すごく長い記事になってます。
お暇な人だけ、お付き合いください。


  ******


今日までの三日間、休みをもらって、
いつものように、バイクでブーンと行ってきました。
去年は、京都まで五泊だったけど、
疲れ果てたので、遠くはやめて近場にしときました。

昇仙峡と富士五湖巡り、つまりは山梨県。

まあ、気分転換してきましたよ。
日頃の鬱憤を晴らしてきたぜ。
子どもたちのことも忘れて。


写真も撮ってきたので、紹介しながら、
あなたも、僕と一緒に旅を楽しんで下さい。

・・・ って、そんなの無理だけど。

一昨日の朝、出発。
目指すは昇仙峡。
途中、こんなところで休憩しながら5時間くらい掛かったかなあ。


100823_1010_0001_2100823_1112_0001


走ってたら、そんなところがあったので、寄ってみた。
猿橋なんて、聞いたことないし。
看板が出てたので、休憩のため寄ったのでした。


で、昇仙峡。
良かったですよ、ここは。
川の流れる音を聞きながら散策。
心が洗われる、っていうのかな。

まあ、それくらいじゃ、僕の心はきれいにならないか。


100823_1619_0001100823_1432_0001


仙峨滝という滝もありました、30mくらいかな。

昇仙峡ロープウェイで登ったところで見た風景。


100823_1514_0001100823_1526_0001


まさに、絶景でした。

問題があるとすれば、周りはアベックばかり。
ロープウェイの切符売り場では、こんなこと言われるし。

「大人1枚 ・・・ ですか?」

「いいだろう、おやじひとりでロープウェイに乗ったって!!」
   (心の中で)

そう言われて周りを見回してみたんですが、
確かに一人はいません。
恋人同士、家族、友だち同士。

そうか、僕って変なんだ ・・・ ちょっと納得。


その後、昇仙峡からちょっと登ったところにある荒川ダムにも寄りました。


100823_1659_0001100823_1705_0002


人もいなくて、静かで良かったですよ。

二、三日目は、富士五湖巡りです。


100824_1138_0001100824_1129_0001


上は、北口本宮富士浅間神社。

僕の愛車と一緒に証拠写真。


100824_1429_0001100824_1433_0001_2


100825_0937_0001100824_1456_0001


コスモスと写っているのは精進湖。


それから、行ったところ、写真はないんですが鳴沢氷穴。

後は、花の都公園。


100825_0929_0001


さらに、忍野八海。
富士山の湧水が出ている池が八つあるところ。
そんなところ、僕は知りませんでした。
小さい池なんですけど、確かに水はきれいでした。
そこから、川が流れ出ているというわけです。


100825_0901_0001100825_0856_0001


右側の池の写真には、空の雲がきれいに写っています。

それで、気まぐれな富士山の話です。

天気はずっと良かったんですが、
雲が動いて、富士山はなかなか見えません。
上の、本栖湖、精進湖を回っているときには雲の中。

ですが、西湖に来た時には富士山がついに顔を出しました。
河口湖でもきれいに見えました。
携帯写真なので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが。


100824_1626_0001100824_1644_0001


右下の写真、富士山の上の雲、何かの形に見えません?


100825_0827_0001100824_1705_0001


僕には見えたんです。
二日目の夕方までちっとも見えなかった富士山ですから。

そうです、親指を立てた握りこぶし。

富士山出てきて、「グーーッ!!」って、見えるでしょ!

僕には見えたの!悪い?


次の写真は河口湖にある大石公園からの眺めです。


100824_1646_0001100824_1650_0001


100824_1659_0001_2100824_1657_0001


それから、三日目の朝、ホテルの裏庭から見えた富士山。


100825_0740_0001100825_0743_0001


そんなわけで、いい時間を過ごしました。
また、明日から、子どもたちとの戦いです。
夏休みの宿題の終わってない子どももいますから、
気合いを入れてやらせますよ、僕は!


それでは、最後にこんな写真はどうでしょう。


100823_1611_0001


嘘かほんとかは知りませんが、日本一大きい水晶玉だそうです。
直径60㎝くらいでしょうか。
昇仙峡を歩きまわっている時に見つけました。

説明には、これを撫でると、「金運が向く」と書いていました。


  両手で、100回くらい撫でてきた・はげおやじ・より


★ これで僕は、大金持ちになれます。

★ 記事が長くなってすいませんでした。
  最後まで読んでくれた人、ありがとね。

2010年8月20日 (金)

体中が ・・・ 歳には勝てない!!

この前、下見に行った山に一泊で行ってきました。
丹沢山系大山。
まあ、たいしたことないと言えば、そうですが。

小学2年生から高校生まで子どもは8人、職員3人。
それなりに楽しんできました。


一日目は東丹沢グリーンパークというところで、アスレチック。
40ほどのポイントがありました。

二日目が大山登山。

どちらも体を使います。
僕も若いつもりでいましたが、もういけません。
体は正直です。
昨日帰って来て、今日は休みですが、
体を動かすたびに、
「痛い、痛い!」と声が出てしまいます。

「子どもたちと一緒になんでもやらなくちゃ!」

しかし、体は思うように動きません。
子どもたちと同じことをやるのは、
もはや不可能 ・・・ 実感した二日間でした。

特に二日目はひどいね。

「下見もしたし、俺について来い!」

最初はよかったですよ、最初は。
颯爽と山に登り始めるはげ先生。

しかし、どんどんと遅れ出し、
結局、最後は小学生と一番ドン尻を歩く羽目に。

まさに、自分の歳を感じた二日間でした。
っていうか、体中痛いこれからも、ますます実感するのでしょう。


それにしても、予定通りにスケジュールが進んで良かったです。
一日目は良かったんですが、天気の話。
夕方から雨が降り出し、しかも、豪雨ですよ。
山の天気は変わりやすい、とは言ってもね。

ただ、皆で花火をやった時間だけは雨が上がってましたけど。

「こりゃ、明日は登山は無理だね。どうしようか」
そんな話をしてました。

夜中どしゃぶり、あーあ。
またかよ、僕の日頃の行いが ・・・ というわけです。


ですが、朝にはすっかり雨は上がり、
雲ひとつない青空、ではなかったですけどね。


それから、山の中の国民宿舎に泊まったんですけど、
テレビもなく、子どもたちには携帯ゲーム持参禁止にしてましたから、
これはいい時間を過ごしました。
最初は、子どもたちは、暇だ暇だと言ってましたけど。

将棋、五目並べ、トランプ、UNOなど。

文明の利器はなくても、楽しく過ごせるもんです。
みんなで遊べる、っていうのも大事ですよね。


そんなこんなの二日間でした。

歳には勝てない!とは言っても、
できなければできないなりに、
子どもたちと一緒になんでもやる!ってことに意味があるんです。

「はげ先生、ちっともできねーじゃん、しょうがねーなあ」

なんて、言われながら。


  いや、まあ、夏休みももう少し、頑張ろう!っと、の・はげおやじ・より

2010年8月15日 (日)

8月6日、9日、15日

戦争が終わって、もう65年も経つのですね。
って、もちろん僕はまだ、この世のものではありませんでしたが。


分からない人はいないでしょうが、
8月6日8時15分、広島への原子爆弾投下。
8月9日11時2分、長崎への原子爆弾投下。
8月15日、終戦。


戦争のことは、現実としては何も知りません。

以前の記事で少し書いたことがあるのですが、
僕は長崎出身で、僕の母は、被爆者です。
今、85歳かなあ、元気にしています。
戦争の時の話は、
あまり聞いたことがありません。

僕のすぐ上の兄は、生まれてしばらくして、
白血病で亡くなりました。
それが、原爆と関係があるのかは、はっきり分かりませんが。


僕の娘が中学生の時に、
夏休みの宿題で、戦争についてのレポートを書いたときに、
長崎に連れて行って、母の話を聞いたことがあります。
もう、10年くらい前でしょうか。

母は、面白おかしく話してくれました、笑いながら。

辛かったこともたくさんあったに違いありませんが、
そんな話も、笑い話のように、楽しかったみたいに話してくれました。

「あん頃は、えろう大変だったとよ。わっはっは」みたいに。

僕はその時、
きっと、そういうふうにしか、話せなくなったんじゃないかと思いました。
忘れたいことは、記憶の隅に追いやったのでしょう。
笑顔で話さなければ、辛すぎたのかもしれません。


一年に一度、この時期に、
せめて、この時期に、当時のことに思いを馳せなければ、
戦争で大変な思いをした人たちに申し訳ないと、そう思います。
今があるのは、戦争で亡くなった人たちや苦労した人たちのおかげなんですから。


僕は、施設の小学生が寝るときに本を読みます。
いつもは、子どもたちの希望を聞いて読んでいます、日本の昔話とか。

今日は子どもたちに言いました。

「今日は、僕に本を選ばせてください」

そして、
原爆関連の絵本と写真集の説明文を読んできました。


  子どもたちも知ることが大事だと思う・はげおやじ・より


★ 子どもたちは何か感じてくれたでしょうか。

2010年8月10日 (火)

僕は勝てるのか!?・・・ プールにて

子どもたちに、勝手に勝負を挑んだ。


昨日、僕の担当の子ども3人をプールに連れて行った。
ウォータースライダーとか流れるプールとかあるんだけど。

暑いもの、人が多い、多い。
くねくねした滑り台、そのウォータースライダーなんだけど、
折角来たから乗らなくっちゃ、はいいんだけど、
1時間待って、ようやく乗れたんだよね。
ほんと、どこへ行っても、人ばっかり多くてどうにもなりませんわ。

で、スピードが速くて、ちと恐かったという話。
情けないから、子どもたちには内緒。

「あのくらい、ちょろい、ちょろい」なんて、強がって言いましたけど。


で、勝負というのは、
何時間プールで遊べるか、という勝負。
7時半に施設を出発して、9時の開園に到着。

「今日は、子どもたちが帰るというまでいてやるぞ!」てなわけ。

たぶん、お昼過ぎたら飽きるんじゃないかなあ。
そう、思っていたんです。
しかし、敵は、なかなか手ごわい!

1時になり、2時になり。

「もう帰りたくなったでしょ?」

「全然!!全く!!」

そして、3時になった。

「もう、そろそろ帰らない?」

「いやだ、まだ遊ぶ!」


さらに、時刻は4時。

「お願いだから、もう帰ろうよ。
 夕飯は施設で食べる約束だから」

僕は、子どもたちに頭を下げて、帰って来てもらったのでした。

それにしても、プールで7時間なんて、
僕には考えられません。

「一体、おまえたちは何を考えてるんだ!」
僕は、飽きたよ、いい加減。

子どもたちと一緒に流れるプールで遊んだり、
ウォータースライダーに乗ったりもしましたよ。

ただ、僕もずっと一緒には遊べない。
昼寝をしたり、新聞を読んだり。
「まだ帰らないのかなあ」なんて、ずっと考えながら。
7時間は長いです、ほんと。


いずれにしても、この勝負、あえなく僕の敗退。
こんなはずじゃなかったのに。

  勝手に勝負して、勝手に負け、悔しがる・はげおやじ・より


★ 甲子園で、優勝する道は険しく、厳しい!!

2010年8月 5日 (木)

ほんと、寝苦しい!

この暑さ、誰かどうにかしてくれませんか?
毎日、毎日、こんなに暑いんじゃ、干からびてしまいます。
暑いというより、熱いって感じですよね。

昨日は施設で宿直。
子どもたちの部屋はエアコンが付いていますが、
寝た頃に、スイッチを切っています。
あんまりクーラー漬けもよくないですからね。
午前中は、ちっと我慢しろ!というわけで、
昼食後から寝るまでエアコンが動いているというわけです。

エアコンの涼しい部屋で、
延々とテレビを見る子、ゲームをする子、

「ほんと君たちゃ、良い身分だねえ」

そう思う今日この頃。

「冬の布団、片付けようか」
夏になる前、子どもに聞いたら、

「エアコンが寒い時あるから、片付けなくていいよ」

これはどうなんですか?
温度、下げ過ぎだろ!!

そんな施設の子どもたち。

まあ、毎日部活に精を出す子、塾に通う子も少なからずいるんですがね。


で、昨日の宿直。
暑くて眠れなかったというわけ。
ちょっとうとうとしたと思ったらもう朝でしたから。

で、今日は、休みだったのに、
眠くて、うだうだと一日過ごしているというわけです。

エアコンの効いた部屋でね。

  これじゃ、子どもと一緒か、と思う・はげおやじ・より

2010年8月 1日 (日)

僕の可愛い君!!

前の記事で、僕が山登りをして、魚の目が痛いと言ったら、
織り姫さんがコメントをくれて、
この治し方について教えて下さいました。

今日は、この魚の目のことについて、
織り姫さんへの感謝の気持ちを込めて、
ここに、コメントレスを書かせてもらいます。


  ******


  織り姫様

魚の目の取り方の御教示、細かくありがとうございました。

ですが、僕は、この魚の目には愛着があります。
もう、十数年来の付き合い。
そんな簡単に取れてしまっては困ります。
医者にも一度行ったんですが、
続けて行けなくて、中途半端に終わったんだよね。

で、大きくなると、爪切りで切って整える。
また大きくなったら切る、の繰り返し。
普段はそんなに痛くないんだけどね。

両足の小指の外側です。
2個あるってことだけど。

痛くなくても、たまに思い出して、

「あれ、魚の目くん、元気ないな。どうしちゃったんだろう!?」


だから、最近、魚の目くんのこと、
気にしてあげてなかったから、

「僕のこともたまには思い出してよ」

って、この前の、下見の時に主張してきたんだと思うんだよね。

かわいい奴、僕の魚の目くん。

だから、
これからも、時々相手にしながら、
仲良く付き合って行こうと思います。

知らんぷりしてると、
足の両側から、僕のこと見上げてるんだよね。
恨めしそうに。

  痛いのが好きなわけじゃないけど、の・はげおやじ・より

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31