フォト

mail

« 僕は、負け組か!? | トップページ | 僕に会いたかったんだね ・・・ 梶原ひろみちゃん »

2012年4月15日 (日)

彼女にとっての大事件

「はげちゃん、ねえ、ねえ、ちょっと!」

 「何?」

「庭に来て!」

 「無理!」

「大事なことなんだから。」

 「見れば分かるでしょ?今、ご飯作ってるんだからさ。」

「いいから、早く!」

 「だからね、手が離せないの!」


小学4年生の女の子。
施設のグループホームの庭から叫び始めた。

かなり、しつこい。
ほんと、勘弁してもらいたい。


「もう、何回言ったら分かるの!」

  「だからさ、それはこっちの台詞だって!」

「早く来てよ、怒るよ!」

 「怒るって言われても困るんだけど。」


はい、降参です。
僕は、昼食作りを中断し、庭に降りて行きました。

彼女は得意げな顔。


「ほら、ここ見て!」


「こっちも来て見て!」


「植えてないのに、こんな小さな花がいっぱい咲いてるよ。」


「きれいでしょ!春がね、お花をいっぱい連れてきたんだよ。」


Ts3v0095


暖かくなって、いつのまにか咲いていた、小さな花。
僕は気づかなかったよ。

春と一緒に、わずかばかりの幸せ。


 「ほんとだね、教えてくれてありがとね。」
           感謝、感謝の・はげおやじ・より


  **********


★ 以前の記事から『喧噪の朝』

« 僕は、負け組か!? | トップページ | 僕に会いたかったんだね ・・・ 梶原ひろみちゃん »

施設の子どもたち」カテゴリの記事

コメント

はげちゃん。
 カワイイ~~!

ちなみに、うちの庭にも いっぱい咲いています。
白と、薄紫がある。 
花ニラですね。
小さいけれど、雑草のように しぶとい花です。笑

  きらりん様

カワイイ~~!
って、勿論、ぼくがですよね。
そうじゃいかと、
前から思っていたところでした。


この花、花ニラっていうんですね。
知りませんでした。

去年、雑草と思って、
だいぶ抜いたつもりだったんですけど。

きれいな花を咲かせるので、
今年は放っておきますね。

ていうか、どんどん増える?

女の子も楽しみだろうから、
大事にしてあげなくちゃね。

  草花を大事に育てる・はげおやじ・より

☆はげさま

子供って目線が低いせいか
見落としがちなものを発見してくれますよね。
なんだかホッとする場面ですね。

その子の心もあたたかい。
いつまでもあたたかいまま
成長しますように!

はげさんの記事更新頻度が
早すぎてコメントがおっつかないです。
(遅くしてという話ではないですyo)
毎日ドラマチックなんですね。
見習いたいですワ

  ivory様

ほんとにね。
素直なままに成長してくれないかと、
切に願うばかりです。

ちょっと彼女、暴力的だしなあ。
先が思いやられるんだけどね。


記事の更新は気まぐれですので、
早いときもあれば遅いときもあります。
最近はちょっと調子よかったですが、
しばらく休むかもしれませんので、
まあ、付かず離れずお付き合い下さい。

  次の更新、ちょっとお休みかな!の・はげおやじ・より

こんにちは^^

とっても可愛いお花よね。

女の子も滅茶に可愛い!

前記にもありますが、、素直に育って欲しいですよね。

はげおやじさんに可愛いお花を見せたかったのでしょうね。

私も見せたいです。

はげおやじさんにお花を!!

                     betty@@

 今晩は。
 長崎県で中学生の女の子が寸借詐欺をやっていたニュース、腰抜かしたよ。
ここまでくると何を言っていいのやら。
家庭環境は想像がつくけど。
どうすればいいのだろう。
一度はくさい飯を食わすのがいいのかも。

 小学四年の女の子、花がすきなのね。

この花、うちの家の前にも咲いてるよ。
雑草だから抜く? ひでえなあ。w
人間の手の加えられた園芸種以外は雑草なのかもしれないけど、俺は花ばかりが肥大した不自然な園芸種よりも、こういうちんちくりんな花の可憐さが好きだなあ。
俺も雑草だけど、かわいいでしょ? w

たまにははげさんとこにも顔出せとの示唆を通りすがりの方からいただきましたので、ちょっくら寄らせてもらいました。
もうすぐ養父の命日です。
墓には教会の裏庭に生えたテキトーな花を手折ってそなえます。


  betty様

〉女の子も滅茶に可愛い!

ほんとに、この記事だけ読むと超可愛いんですけど、
そうは問屋が・・・なんです。
顔も結構可愛いんですが、彼女『凶暴』なんです。

パンチ、キックを日常的に繰り出す、って言うんでしょうか。

まあ、だんだんお年頃になっていくので、
いつまでもそんなんじゃないと、期待したいところです。

bettyさんのお花は、
いつもbettyさんとこのブログで頂いていますから、
ありがとうございます。

  しっかり成長してくれよ!と思う・はげおやじ・より

  珊底羅様

ほんと、恐ろしい時代です。
っていうか、昔からそんな話はあるんだろうけど、
なんかさ、悲しくなります。

ただ、やっぱり、この子をそうさせたのは、
親だろうと思います。
愛情深く育てられた子どもはそうならないはずですから。

うちの施設の子どもたちもそうですけど、
きちんと育ててもらってない子どもたちは、
だんだん、問題が出てくるんだよなあ。
子どもたちのせいじゃ、全くないんだけど。

分からない子どもには、痛い思いをしてもらう、
それもありだと思います。
今から愛情を注げばなんとかなる、っていうもんでもないんだよねえ。

ハンデある分、まけてあげたいところですが、
そうもいかないでしょ。

  時間は掛かっても、
   頑張ってまっとうになってほしい・はげおやじ・より

  シバタ様

お久しぶりです。

そうですよね。
花はただ咲いてるだけで、何の罪もありません。

人間が勝手に雑草って名前を付けただけで、
本人は関係ないですよね。

どの花も、ただ、一生懸命に咲いている。
それが、『美しさ』と言うんでしょ。

シバタもちんちくりん?

そうですよね。


養父の牧師先生は、
きっとその雑草のような花を喜んでくれると思います。
大事なのは、きれいな花じゃなくて、
シバタのきれいな心、でしょうからね。

  ご冥福をお祈りする・はげおやじ・より


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕は、負け組か!? | トップページ | 僕に会いたかったんだね ・・・ 梶原ひろみちゃん »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31