フォト

mail

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の8件の投稿

2012年5月28日 (月)

『にんじん』の効用 ②

前回の続きですが、10ヵ月くらい前かなあ。
去年の夏の話。

その彼ですが、去年だから小学6年生。

友だちの家に僕とふたりで謝罪に行った。
理由は、
学校で友だちと喧嘩をして、殴ったからだった、確か。


僕がこのグループホームで仕事をするようになったのが、
去年の4月だから、働き始めて数ヶ月経った頃で、
彼との関係もまだまだできていなかった頃の話。

謝りに行ったのはいいが、彼が言う。

「ホームに帰りたくない。」

もう暗くなっていたから、8時頃だったかなあ。

「そう、じゃ、しばらくいいよ。」

ふたりでちょっと歩くことにした。

僕も引っ越して間もなくて道がよく分からず、
林の中とか歩いているうちに、
彼も道が分からなくなってしまった。

9時。

「もうそろそろ、帰ろうよ。」

「いやだ。」

ホームに戻ると、恐いリーダーが待ってるからな。
こんな時間になったら、大変なことになるもんなあ。

あ、これは内緒ですが、
リーダーは30歳くらいの女性です。


「今日は帰らない!」

困ったなあ。

「じゃ、交番に行って相談しよう。」

歩いているうちになんとかバス通りに出てきたので、
近くの交番に行って、おまわりさんと話をした。

「この子が施設に帰りたくないと言ってるんですけど、
 今日は、ここに泊めてもらえませんか。」

「それは無理だね。
 僕さあ、もう遅くなったからおうちに帰りなよ。
 みんな心配してるよ。」

30分くらいは交番で話をしてたかな。
何の解決もなく、また歩き始めた。

10時。

「だから、どうするの?
 おまわりさんも言ってたでしょ。
 泊まるとこなんてどこにもないんだよ。」

「そんなこと言っても、帰らない!」

そんじゃ、しょうがない。

僕も腹を決めた。

「いいよ、分かった。
 今日は泊まるところがないから、近くの公園に寝よう。
 それで、朝になったらどうするか考えよう。」

そして、彼とふたり、公園へ。
道路よりちょっと高いところにある公園で、光が入らず暗い。

「じゃ、僕はこの倉庫に寄りかかって寝るから。
 おまえは好きなところに横になんなよ。」

僕は、倉庫に寄りかかり、寝たふり。

っていうか、こんなところで寝れるわけがない。
蚊が飛んできてかゆいし。

まあ、でもここは辛抱、辛抱!

さあ、彼が折れるまでの勝負だな。


だが、勝負は結構あっさりついた。

11時半くらいだったかな。


「あのさあ、暗くて恐いから、ホームに帰る。」


ほんと、根性なし。

ああ、情けない奴。

まあ、何時間かは付き合うつもりでいたんだけどね。


そんな話。


  **********


あ、『にんじん』出てきてないじゃん。

忘れてた。


『にんじん』は、彼と一緒に友だちの家に、
謝りに行ったときに友だちのお母さんにもらったもの。
「たくさんもらったから、施設のみなさんで食べて下さい。」
10本くらいもらった。

それで、夕飯も食べないで、
暗い道をふらふら歩き回っていたときに、
その『にんじん』にそのまま齧り付いた、っていうわけ。


Data002


「腹は減っても、もう食べたくないね、にんじんは。」

「うん。」

ふたりで一本ずつ食べた後、そんな会話をした。

そんなこんなの関わりの中で、
この子どもともだんだん関係が取れてきたんだと思う。

だから、昨日の脱走事件も、
7時くらいで済んだんだと思うんだよね。


  生の人参、
   まるごと一本囓るのは相当辛い・はげおやじ・より


★ もちろん、ドレッシングもマヨネーズもないし。


★ 長い話にお付き合い、ありがとうございました。

『にんじん』の効用 ①

すぐに切れる施設の子どもたち。

昨日の午後、公園で遊んでいたら、突然怒り始めた。
年の割には幼い中学1年生の男の子。
それで、ついには泣き出す始末。

理由はたわいもないこと。
自分の意見が通らないと、すぐにイライラしてしまう。

そして、彼はそそくさと自転車で帰っていった。

帰ったと思ってたんだけど、
6時になってもグループホームに戻らない。

しょうがないから、探しますか。

バイクであちこち探し回る。

近くの公園。
他のグループホーム。
施設の本園。
本屋。
コンビニ。
その他もろもろ。

「ほんとにさあ、勘弁してくれよ。」

それで、7時頃。


Ts3v0138


ちょっと見にくいかもしれないけど、
この写真の奥のベンチに座っていた。

しかも、この門のところに自転車を置いたまま。

さっきこの公園に来たときにはいなかったのになあ。

とても分かりやすい。

「僕のことを早く見つけてよ!」

無言のうちに言っている。

ちょっと外も暗くなってきたし。

だからさ、見つけてほしいんだったら自分で帰って来なよ。

ただ、自分で帰って来れないから、
こんな分かりやすいところで待ってたんだろうけど。

「遅くなればなるほど、帰りにくくなるよ。
 分かってるだろうけど。
 今だったら、そんなに怒られなくて済むしね。
 朝まで、ここにいてもいいんだけど。」

彼の顔には、安堵の表情が見て取れた。

「分かった。」


よくあるような、つまらない話です。

こんな話で済んで良かったよ。


っていうか、
タイトルの『にんじん』、出てきてないじゃん!!

『にんじん』の話は、次回をお楽しみに。


  
公園の隣には、きれいな小川が流れています。


Ts3v0134


  彼もちょっと成長したと思う・はげおやじ・より

2012年5月25日 (金)

3歩進んで2歩下がる

施設の子どもたちは、ほんと難しい。


ちょっと機嫌が悪くなるとひっかきまくるし。

「だから、冗談だってば!」

言っても、なかなか通用しない。
ふざけてても、ちょっと間違うとそうなる。


去年の話だが、
小学生と高校生の喧嘩の仲裁に入った僕は、
左手小指を蹴られて、小指が半分しか曲がらなくなった。

って、小指だからまあいいか、って、
面倒くさがって、
病院、途中でやめちゃったのは僕だけど。


Ts3v0133_3


まあ、いずれにしても、
子どもたちは、それぞれに問題を抱えている。


小さいときの育ちは、そりゃ、気の毒。

愛情不足は当然、
ご飯をもらえなかったり、
愛情の代わりにぶん殴られたりしてるし。

大人を信じられない子どもに育っているのは、
当たり前と言えば、当たり前だね。


でも、実際、話をしている中で、
すぐ切れる子どもたちから、
挨拶代わりに、
「死ね!」だの、「消えろ!」だの、「うっせー!」だの言われると、
若い職員さんは、さすがに涙も出ちゃう。

職員さんは、嫌でも注意したりしないといけないからね。

「無理しなくていいのに。」

一生懸命な職員さんほど辛くなる現実。

「辛いときは逃げてもいいから。」


僕なんか、いいかげんだから、
施設で30年近くも働いてこれたんだろうね。


だけど、そんなこんなの生活の中で、
子どもたちは、職員の思いを感じ、
気持ちを理解し、少しずつ成長していく。

ただ、まっすぐではなく、回り道しないと育っていけないけど。

小さいときにもらってないもの、
失ってきたものは大き過ぎるよ。


3歩進んで2歩下がる。

いや、時には2歩進んで3歩下がる。


そんなこんなで、ゆっくり少しずつ。

少しずつでも、なんとなく前に進んでいけば、
良しにしないとね。


人生は、ワン・ツー・パンチ!!

汗かき、べそかき、歩こうよ!!


  子どもたちと一緒に、
    べそかきながら、歩いていきたい・はげおやじ・より


★ 小指は半分しか曲がらなくても、どうってことないし。

2012年5月22日 (火)

キンカン塗って、また塗って

いえ、違います。

そのキンカンではありません。

世間を賑わせたキンカンは、
そう、『金環』です。

昨日の『金環日食』の話です。

もう、遅いですか?
まあ、そう言わないで。


僕は、あんまりそんなことに興味なく・・・
ふーーんと思っておりました。

だから、そのフィルターっていうのか、
日食用眼鏡っていうのかよく分からないんだけど、
そんなものを準備することもなく。


朝早くは随分曇ってたし、思っておりました。

「こりゃ、無理だね。
施設の子どもたちもそのフィルター眼鏡もらってたけど、
無駄になったね、勿体ない!」


ですが、ラジオをつけたら、その話ばっかりしてるし、
刻々と時間は近づいて来るわけです。

「もうすぐ欠けてくる時間です!」

言い方が、なんか世紀の一瞬って感じ。


僕の部屋は、西南方向に窓があり、
ちょうど窓を開けると太陽がちらっと見えたんです。


ラジオではまた言ってるし。

「関東地方では、173年ぶりです!」


そうなると、だんだんそんな気分になってくるもんでしょ。

「ひょっとして、いけるんじゃね!」

雲が切れてだんだん天気良くなってきてるし。

「これ、いいじゃん!」


ですが、もう手遅れ。
僕は、何もそれ用の準備をしてないんですから。

それに、言ってました。

「直接は、絶対に太陽を見ないで下さい。失明の恐れがあります。」

ですが、奴ら大袈裟だし、「見てみるか!」


「どうして、僕はこんなに張り切っているんだ?」とも思いながら。


「写真も撮ってみるか!」


ですが、カメラ覗いても、こんな感じだし。


Imgp1307


「だめだな、やっぱ。」

ですが、しばらくすると雲が多くなってきました。
雲がフィルターの代わりになります。

「こりゃ、チャンスかも。」


Imgp1282Imgp1283

「いい感じになってきたぞ!」

「よーーし、この前調べた、カメラ機能の『白黒反転』やってみよう!」


Imgp1293Imgp1292


その後は、雲が少なくなって、太陽さんがこんな感じ。


Imgp1291


きれいな『金環』も肉眼では見れたんですが、
残念ながら写真には撮れませんでした。


なんか知りませんが、いつの間にか一生懸命写真撮ってたという、
そんなこんなの僕でした。


ですが、最後は、

「うっ、目が、目が・・・・・」

言いつけを守らなかった僕は、しばらく目がチカチカしていたのでした。


「こんな時は、目にキンカン塗った方が?」


「まさか!」


  病院行きにならなくてよかった・はげおやじ・より

2012年5月18日 (金)

己の小さきを知る

ただ、恥じ入るのみ。


  **********


 木村ひろ子さんは
 生後間もなく脳性マヒになった。
 手足は左足が少し動くだけ。
 ものも言えない。
 しかも3歳で父が、13歳で母が亡くなった。
 小学校にも中学校にも行けなかった。
 わずかに動く左足に鉛筆を挟んで、
 母に字を習った。
 彼女の詠んだ短歌がある。

 不就学なげかず
 左足に辞書めくり
 漢字暗記す
 雨の一日を

 左足で米をといでご飯を炊き
 墨をすって絵を描き
 その絵を売って生計を立てた。
 自分のためにだけ生きるなら芋虫も同じと、
 絵の収入から毎月身体の不自由な人のために寄付をした。


  **********


おまえは、
『芋虫』なんじゃないか、
ただ、自分のために生きているんじゃないか。


おまえは、
児童養護施設で働いているからと言って、
少し福祉に関わっているからと言って、
ちょっといい気になってはいないか。


人の人生に上も下もないとは思うけれど、
人の生き方を見たり、言葉を聞いて、
それが心に触れたときには、
きちんと立ち止まり、自分の生き様を振り返る、
そんな余裕を持っていたいと思う。

反省すべきは反省し、見倣うべきは見倣う、
そんな謙虚な気持ちをいつも持っていたい。


  **********


生きていることは、生かされていること。

  言葉だけじゃなくて、
    心から感謝しなくちゃ!と思う・はげおやじ・より


21815531_m1_3

〔画像はネットから〕

  **********


『1分で感動☆』で、紹介されていました。

致知出版社の新刊『ポケット名言集』からの言葉だそうです。

2012年5月13日 (日)

お母さん、応援してるよ!

「『女』は強し」 ・・・ 間違いない。

女性を見ると、なぜか謝りたくなるのは僕だけでしょうか?

今までの僕の人生で関わってきた女性には、
そんな人が多かったということなんでしょうね、きっと。


が、

「『母』は強し」 ・・・ これはまたさらなる真実のような気がします。


『母』には、「子どもを守る」という強い意志が感じられるからね。


人類がこの世に生まれ落ち、今まで生き延びてこられたのは、
間違いなく、『母』の強さがあったからです。

男は、ただ精子をあげただけで、無力な感じ。
僕のイメージだけど。


  **********


昨日、もう30代になる卒園生から電話が掛かってきました。

去年くらいから連絡を取るようになったんだけど、
シングルで子どもを育てています。

ただ、精神的にちょっと参ってるんだよね。

施設にいるときには元気に過ごしてたんだけど、
施設を出ていろんな経験をし、
今は、施設に入る前の虐待経験がフラッシュバックしたりして、
調子の良い時とそうじゃない時を繰り返しているらしい。

通院と服薬の毎日。

「子どもがいるからさあ、頑張らなくっちゃ!」

そう言う彼女に、
安易に、「頑張れ!」って言っちゃいけないんだろうけど言い続ける。

「僕は応援してるよ!」

子どもを育てるのはそりゃあ大変だけど、力ももらえるからさ。
自分のエネルギーになるよ。


Printi951


話したいときには、いつでも連絡してきて!


子どもを育ててる卒園生たち、他にもたくさんいます。

「みんな、がんばれーーー!!」


  **********


女性を見ると思わず、
「ごめんなさい」と言いたくなる僕ですが、
今日はこう言わないとね、大袈裟だけど人類を代表して。

「歴史を繋いできたお母さんたち、本当にありがとう!」


  ただ感謝するばかりの・はげおやじ・より


  **********


★ 長崎の僕の母親には、
  さっき、この前この通信で書いた記事をファックスにして送りました。
  ネットは使えないからね。
  留守みたいだったから、後でゆっくり見てもらいましょう。

  喜んでくれると良いんだけど。

2012年5月 6日 (日)

30年ぶりの父との再会

僕が、施設に就職したときだから、
今から、27年前かなあ。

ふたりの兄弟がいた。
中学1年と2年だった。

08a5844a1


お兄さんの方は、喧嘩っ早くて特に大変だったなあ。


ふたりとも中学を卒業して就職した。
そんな時代だった。

それから、紆余曲折。


兄の方は、僕がアパートの保証人になってたのに、
いつの間にかいなくなっちゃって。
アパートの荷物の整理をしたのが、10年くらい前かなあ。

最近聞いた話では、その時は刑務所に入っていたとか。


弟の方は、ずっと付き合いがある。
って言っても、もう何年も会ってないけど。

3人の子どもを連れた奥さんと結婚。
自分の子どもが今、小学1年生。

子ども4人のお父さんとして頑張っている。

奥さんがいい人で、僕に定期的にメールをくれる。
今日の話も、この奥さんに聞いた話だ。


その弟が、お父さんを探した。
自分の子どもをお父さんに会わせたくて。

「僕の娘を見て、お父さん!」 そんな思い。


そして、何日か前に、弟はお父さんと会った。
お兄さんとも連絡を取って、三組の夫婦で。

兄、弟、父。


30年、言うのは簡単だけど ・・・


どう会話をすればいいんだろう、こんな時。
ぎこちない時間が過ぎていった。

「おやじのこと、もう恨み辛みないよ。」

お兄さんが言ったそうだ。

きっと辛い思いもたくさんしてきたんだろう。
30年の中では、
父親のことを恨んだこともあっただろう。

だから、その言葉は重い。

今は、そのお兄さんも4歳の子どもの親になった。


三人三様、いろいろあっただろうけど、まあ、良しとしようよ。

会えてよかった、きっと。
楽しくはなかったかもしれないけど。

そして、また、それぞれの道を歩いて行く。

それでいい。


  **********


この記事の最初の写真、みかんの箱。


僕が就職した頃、
この兄弟がお父さんの話をしていたのを覚えている。


「お父さんのところに、小学生の時に行ったことがあるよ。
 お父さんのとこ、あんまりきれいじゃなかったけど、
 箱に入ったみかんがあって、たくさん食べさせてもらったんだ。
 とっても美味しかったよ。」


僕が知っている限り、
この兄弟のお父さんの記憶は、これしかなかった、今までは。


  そんな親子関係もあるんだよね、
      しみじみ思う・はげおやじ・より


2012年5月 5日 (土)

もらっていいよね?

昨日は、雨が降ったり日が差したり。
だから、きれいな虹が出たりもした。


Ts3v0123


夕方から、友だちと飲みに出かけた。

写真は、駅に向かうバスの中からの携帯写真。


変な天気。

さて、傘を持って行くべきか否か。

僕は折り畳み傘を持って出たけど、
結局、使わず。

帰りに電車に乗ったら、忘れ物があった。

だから、持って帰ってきた。

施設の女の子たち、傘すぐ壊しちゃうから、
ちょうどよかったよ。

ちょっと可愛いビニール傘。

さて、天気がいいから、一度、干さなくっちゃ。


Imgp1184


今日は、午後からの勤務。

こどもの日だから、
ハンバーグの上に、三角形にしたマッシュポテトを乗っけて、
そこに、きぬさやをさす。

名付けて『かぶとハンバーグ』。

作ってあげよう!!


  料理も結構いける・はげおやじ・より


★ 自分の家では、弁当生活だけどね。

  **********

上の記事を書いて、今はその日の夜。
『かぶとハンバーグ』作ったので、写真を貼り付けておきます。


P1020197P1020198


まあ、僕が作るものですから、この程度です。
『かぶと』に見えるでしょうか?

子どもたちは言いました。

「ウサギに見えるね。わっはっは!!」

・・・・・・ まあ、いいか。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31