フォト

mail

« がめんちょろ | トップページ | 多摩サイ »

2012年8月11日 (土)

味わっていただこう!

リリリーーン、リリリーーン、リリリーーン。

携帯電話のベルが鳴った。
昨日の話。

未登録の番号からの呼び出し音。

無視、無視!

変な電話もあるから最近は出ないことにしている。
用があるなら留守電に録音するでしょ。

そしたら、留守電に録音があった。

宅配便から。
時間指定の荷物があるんだけど、
指定された時間に配達できないと言う。

送り主には心当たりがある。

「送りたいものがあるんだけど、住所教えて!」

何日か前にメールが来てたからね。
っていうか、年賀状に住所書いてあったでしょうが、って話だけど。
まあ、いいね。


前にも何回かこのブログの記事に書いたことがあるんだけど、
今51歳の僕が初々しく就職した時だから、
ええと、ええと、だから、だいぶ前の話ね。

彼は施設の中学1年生だった。

だから、付き合い長いなあ。
湘南に住んでいる彼の家に、
僕の子どもが小さいとき連れて行ったことがある。
彼の家から江ノ島の花火を見たなあ。
思い出した、その時BBQしてたら、雨に降られた!


それはいいんだけど、
ほらね、僕らの仕事は親代わり。
だから、そんな長い付き合いが大事だと思っている。
今でも付き合いのある卒園生はそんなにはいないんだけどね。

これからも、卒園生とのそんな関わりを大事にしたい。


それで、その荷物がさっき届いた。


Ts3v0177


  そんなことがとても嬉しい・はげおやじ・より


★ 追伸 ① ★

卒園生の皆さん、「何か送れ!」と言っているわけじゃありませんから。


★ 追伸 ② ★

住所を聞いてきた彼のメールにはこんなことも書いてあった。

「とりあえず、元気にやってます。
 俺もハゲ進行、加速度増してます。  ハゲちび★より」

「なんだかちょっと嬉しい!」って言ったら、失礼かな?

« がめんちょろ | トップページ | 多摩サイ »

施設の卒園生」カテゴリの記事

コメント

気持ちの やり取りが
長く続く関係ってイイですね。


親との関係、育めなかった子供は、

人との気持ちのやり取りを

大事に考える大人になる気がします。

(一概には言えないでしょうけど)


養護施設の子供達、
私は全く、
可哀想と思いません。


むしろ良かった。

……殺されなかったから。

辛い、痛い思いで親元にいるより、
よっぽどいい。

そして そこに、
ハゲさんの様な、温かい大人がいたら、

……死にかかってた感情も

復活して、
笑えるようになるでしょ。


(^^)…ハートフルな お話に、
元気いただきました!

ありがとうございます。

はげおやじ君、こんにちは^^
入院中は嬉しいコメントありがとうね♪
元気になりましたと言いたいけれど、、月曜日、受診になりました。
でもめげないぞ。
卒園生との関わり、良いですね。
そんな長いお付き合いもはげ君の宝物かもね。
PC買ったんだよ。
昨年買ったのは見事に弟に壊されました。
でも今回、一緒に買いに行ってくれた。
代金は私持ちだけど・・。(苦笑)
自分でセットアップしたぞ~~!
(すごくないか!?)
また交流しようね!

betty@@

こんばんは~
いろいろな大変な事情のある子供たちなのでしょうが、
暑くても元気いっぱいで、読んでるだけで、なんだか元気がわいてきますね。
子供のころのことって、そのときはなんでもないような、小さなことが、
一生消えないものになったりしますよね。いいこともわるいことも。
ハゲさんとの交流が、子供たちの一生の宝物になるといいですね。

あ、そうそう、幸せクローバーみつからなかったようですが、
今回の私のブログにのってますよ。よかったら見に来てね。

  マユ様

施設の子どもは難しいです。
いつまで経っても心を開けない子どもたちもいます。

特に、
いない方が良かった家庭に長くいた子どもたちは、
なかなか変われません。
性格が固まってしまったっていうんでしょうか。
難しいんですよね。
中学生とか高校生とかで施設に入所した子どもたちだけど。

人間関係をうまく作れない子どもたちは、
これからどうなっていくんだろうと思ったりもします。

人を信じることのできない子どもたちが、
それを克服するためには、
彼らを信じてあげられる人が、
近くに長くいることが大事なんだけど、
施設にいる時間じゃ足りないってことになるんだよね。

だから、どうしたらいいんだろう?

  限界を感じる・はげおやじ・より

  betty様

改めまして退院おめでとうございます。
2ヵ月でしたっけ?
長いと言えば長い入院生活、
まあ、いいこともなんかあったでしょ?

お医者さんがすごいイケメンだったとか。

退院しても、
すぐすぐには全部が良くならないだろうけど、
ぼちぼち、という気持ちで過ごして下さい。
くれぐれも焦らずに!

パソコンも新しくなって、
気持ちも新たに退院生活をまた始めて下さい。


  応援する・はげおやじ・より

あ、卒園生との長い関わりが、
僕の財産です、仰るとおり。

  なー様

子どもたちが大人になって自分を振り返ったときに、
施設で生活して良かった、って、
少しでも思えたらいいなあと思います。

もちろん、
施設なんかない方が一番良いんだけどね。

なーさんのブログは盛況ですね。
自分で絵が描けるのって素敵です。
写真もいいですね。
クローバーの写真も見せてもらいました。
少しだけ、幸せをお裾分けして下さい。

  子どもたちの幸せを祈る・はげおやじ・より

施設入所の間、

愛する事だと(私は)思います。

人間は、

優しくされて 優しくする事を学ぶ。

愛されて 愛する事を学ぶ。

信用されて 信用する事を学ぶ。


子供は(人間は)

善も悪も、
自分がされて(体験して)
学習(身につけ)すると思います。


だから、施設にいる間は

身につけて欲しい事柄を、
大人が その子にする。


そして そこから先は、

その子自身の、
経験と学習だと思います。


…施設では、

辛かった家庭生活から、
施設に入所して、

その子が
「(自分は)生きてて いいんだ」

と、存在意義を感じてくれる事が まずだと思います。

……って、

Σ生意気言ってゴメンなさいです!!


…ハゲさん、

体の調子が あまり芳しくない様子なので、


体いたわりながら、
お仕事頑張って下さい!


長々とエラソ――に
すみませんでした!
m(__)m☆

  マユ様

ほんとに仰るとおりです。

ですが、
実際はなかなか思うようにいきません。

人が変わるというのは大変なことです。

施設の子どもが家庭でもらってきた要らないものを捨て去り、
家庭でもらえなかった必要なものを取り戻すのは、
並大抵のことではないということです。

僕も一生懸命にやってるつもりではありますが、
限界を感じてしまいます。


今度、家に帰れない子どもとふたりで、
1泊のサイクリングを企画しています。
自分の休みで行くけど、子どものためになればと思って、ね。

  できることをできるだけはやろうと思う・はげおやじ・より

 おはようございます。
 立ち直ってくれているのは嬉しいことですね。
しらす、ご飯に塗しすと食はすすむよ。
 

  珊底羅様

卒園生が元気でいてくれる便りが、
僕の一番の幸せです。

お土産はもらわなくても、です。

  元気でさえいてくれたら、と思う・はげおやじ・より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« がめんちょろ | トップページ | 多摩サイ »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31