フォト

mail

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の10件の投稿

2012年9月30日 (日)

寂しきひとりピクニック

いや、別に寂しいわけじゃありません。

ひとりで公園に行くのが好きなんです。


この記事を書いている今、
台風が通過中で、雨が降っていて風もすごいです。


この公園散策はこの前の休みの話。

秋の日差しでピクニック日和!

それほど暑くもなく、ってことだけど。

こんな空。


Imgp2053


あ、場所はあきる野市の草花(くさばな)公園。
プールと野球場のそばにある小さな公園です。

人もまばらで、気持ちよく。

近くにある100均でレジャーシートを買って行きました。


Imgp2054_2Imgp2055


大きな木の下に座り、
おにぎりを食べたり、ごろごろしながら本を読んだり。


Imgp2058Imgp2061


公園の中を小さな川も流れていて、
元気な子どもたちが泳いでいました。


Imgp2065Imgp2066


広場では、子どもたちが野球をやっていました。
この写真よく見て下さい。
分かるかなあ、バットにボールが当たってる!

ナイス・バント!


Imgp2067


夕方になり、
遊具で遊んでいた子どもとお母さんは帰って行きました。


Imgp2088Imgp2070


こんな花も咲いていました。
なんていう名前だろ?


Imgp2082


公園内の銅像。

『球で遊ぶ子ども』

サッカーをしてるところかな?

ですが、裸。

子どもらしくカワイイお○○○○・・・・・


Imgp2085


そんなこんなで充電完了!!


  *****


っていうか、
今日は、台風の『中秋の名月』。
まあ、しゃあないね。


  雲の上はいつも晴れ!
     今日も元気に・はげおやじ・より


2012年9月25日 (火)

ほんと、単純な僕

うちの近くの100均のお店では、
食べ物の賞味期限が近づくと、
100円が3割引になったり半額になったりする。

だから、半額の商品は50円、消費税で52円?
まあ、いい。

そこでアルバイトをしていると、仕事が終わった後に、
賞味期限の切れた商品をもらえたりするかも?


  *****


うちのグループホームの男子高校生。
必要以外は喋らない。
何にも言わないし、
静かだから帰って来ても分からない。


昨日の夜、2階で仕事をしていた僕は下に降りて行った。

彼はバイトから帰って来て夜11時半頃、
テレビを見ながら冷めた夕飯を食べていた。


僕は帰ってきたのに気付いてなかった。

「あ、おかえり。」

 「・・・・・・」

テレビから顔をあげることもしない。
僕は何か話そうと思って話しかける。

「明日は、普通に学校だよね。」

 「休み。」

そうか、文化祭の代休だった。

面倒くさそうに返事をするから、これ以上は会話が続かない。
だいたい、彼はテレビを見ている。
無理に話しかけて機嫌を損ねてもつまらないし。

だから、僕はまた2階で事務仕事をすることにした。


1時過ぎ、再度下に降りて行った。
彼は、ちょうどテレビを消して2階に上がろうとしていた。

階段の途中で、
思い出したようにまた下に降りてきた。


おもむろに、僕に何か差し出す。


「これ、良かったら食べて。1時間くらい期限切れてるけど。」


いや、嬉しかったです、ほんとに。

彼がお腹いっぱいで食べられなかっただけだったとしても。
たとえ、アルバイト先でもらってきたものだったとしても。


思わず、全部食べちゃいました。
団子、あんまり好きじゃないんですけど。


Ts3v0203_2


まあ、僕も嫌われてはいないようです。

よかった、よかった。


  *****


翌日、仕事帰りにいつもの道を歩いていたら、
フェンスの網にきれいに咲いた小さな花を見つけました。


Ts3v0204

(写真ぼけててすいません)


  さわやか気分の・はげおやじ・より

2012年9月19日 (水)

子どもが楽しいかくれんぼう

グループホームの子どもたちから、こんなものをもらいました。


Ts3v0201


小学校5年生の女の子が書きました。

「もう少し漢字使えないの?」

「『来て来れよ!』は、『来てくれよ!』でしょうが!」

とか、いろいろ思ったりもするんですが、
とりあえず、招待状をありがたく戴きました。

「で、何?」って話です。

裏面にはこう書いてありました。

「今日は第3回目のおばけかくれんぼうゲームをしたいと思います。
 今日は、大スペシャルだーーー!」

第3回ですが、僕は初めてなので、
はじめの2回は、別の職員とやったようです。

『おばけかくれんぼうゲーム』とは一体何なのか。
知る由もありません。
参加するのは小学生と中学生の子ども4人です。
4人がおばけで、僕がお客さんという設定です。

予定の7時30分になりました。
勿論、外は真っ暗です、部屋の電気も全部消されています。

別室で待たされていた僕のところに迎えの子どもが来ました。

「はげちゃん、後30秒過ぎたら来て。」


Ts3v0202


おそるおそるドアを開けます。

中は妙に静かです。

暗い中、子どもたちを探します。

布団にくるまった子どもがいました。
その子の布団をはがそうとすると、
後ろからひとりの子どもが飛びかかってきました。

「わっ!」っと、飛び退く僕。

すると、髪の毛を溶かすための水のスプレーを掛けられました。

「冷た!やめてーー!」

いつのまにか、他のところから別の子どもたちも飛び出してきました。

「なんだ、なんだ?」

子どもたちは、僕の体をくすぐるわ、
          パンチするわ、蹴っ飛ばすわ、の大騒ぎ。

「痛!痛い!だからさーー、もう助けてーー!」


子どもたちは、ひとしきり楽しんだ後、電気をつけました。

みんな笑顔です。


「あーー、楽しかった、ねえ、もう一回やろうよ!」


「あのさーー。」


  ただのおやじいじめだと思う・はげおやじ・より


★ 追伸① ★

僕は、この後、3回このかくれんぼうに付き合いました。
ちょっと痛かったけど、たまにはいいか。


★ 追伸② ★

2枚目の写真は、黒いだけで何も写っていません、あしからず。

2012年9月15日 (土)

ありがたきかな、母の愛

今日、届きました。


Ts3v0196


長崎の僕の母親からの贈り物。

敬老の日ですから、ちょっと変なんですけど。
母86歳、僕51歳。

逆でしょうが!

あ、勿論、僕も送りました、お漬け物。


ですが、折角ですから、ありがたく頂戴いたしますよ。
酒のつまみにちょうどいいんです、これが。


一週間くらい前にファックスが来てました。

「変だけど、何かお礼がしたくて。」

お礼と言われても、特に何かしてるわけでもないのに。


だから、敬老の日だから、こっちがお礼なんだってば!


ちなみに、うちの母親は呆けているわけではありません。
少々記憶力、低下してますが。

そんなこと言えば、僕とて、記憶力には全く自信はなく。


Ts3v0197Ts3v0198


長崎と言えば魚です。
これは、関東地方ではさつま揚げと言いますね。


あー、美味しそう!!

今夜は、お酒が進みそうです。


この母の気持ちを、
施設の子どもたちにも伝えられたらと思っています。


  またデブになる・はげおやじ・より


★ 追伸① ★

 こんなとこで記事書いてないで、お礼のファックス送らないと。


★ 追伸② ★

 前に同じような記事を書いたなあ、と思って探してみたらありました。
 『僕は、相当なおじいさん?』
 2年前の記事ですが、よければどうぞ。

 

2012年9月12日 (水)

多摩川の水は冷たくて気持ちいい!

最近、多摩川の記事多いですけど。


Imgp2042


おっと、始めからお見苦しい写真でした。

うーーん、気持ちよかったです。
足を冷やしながら、ごろんと。

あ、ケツが濡れた!!


青梅駅から歩いて15分くらいでしょうか。
と言っても、僕はバイク。
僕んちから、1時間かかりませんでした。

釜ヶ淵公園、初めて来ました。

平日ですが、夏の終わりに、最後のBBQやってました。


Imgp2000Imgp2010


釣りをやってる人もぼちぼちいました。
しばらく見てたら、結構釣れてましたよ。

鮎、かな? 


Imgp2022Imgp2008


近くに咲いていたこの花は、なんて言う名前でしょう?
っていうか、花じゃなくて、葉っぱの色かな。
どなたか分かります?


Imgp2034Imgp2019


青梅の河原でしばし、夏の名残を楽しんできたというわけです。


Imgp2029Imgp2040


それから、さらに、バイクでブーーンと。

羽村市までやってきました。

新聞に出ていた友永詔三(あきみつ)さんの展覧会です。

昔、NHKの『プリンプリン物語』で人形を作っていた、と言えば分かるでしょうか。
今は、あきる野市に住んでいて、『深川 小さな美術館』で作品作り。
そこもこの前行って来たんですが、今度機会があったらまた紹介しますね。
友永先生、自分ですごい池をいくつも作っていて、
そこの鯉の世話と池の管理も大変そうでした。


作品は、こんな感じ。


Imgp2050Imgp2047


写真撮ってもいいという寛大な方。
前に、小さな美術館に行ったときにちょっと話したんですけどね。

個人的には、左側の写真の一番右の作品がいい感じ。

『東京ギャル』っていうタイトル。
腰のあたりが何とも良くない?


そんなこんなの今日の休日。
数時間を使っての疲れないくらいのお出かけ。

天気がいいと外に行きたくなるんだよなあ。


最後に一枚。


Imgp2055


「みなさん、大変お世話になりました。
 仕事が辛いので、現世にさよなら、です、お元気で!!」


分かりにくいかもしれませんが、崖の上から。
高さ6メートル弱というところでしょうか。

これじゃ、死ねないか。


  相変わらず、ほんとお馬鹿な・はげおやじ・より

ラジオ体操

懐かしいです。

僕が小学生の時には、
夏休みに、近所の広場にみんな集まって、
ラジオの音楽に合わせてラジオ体操やってました。

そして、首からぶら下げたカードにハンコをもらって、
夏休みの終わりに、ノートや鉛筆をもらいました。

それが、とっても嬉しかったんだよね。

「明日も、早起きしてラジオ体操行こう!」って。

6時半からの放送だったから、
6時に起きて行ってたんだよ、確か。


今住んでるところは、夏休みと言っても、
ラジオ体操なんて、なんにもやっていません。


今日、青梅にバイクで行って、
駅の近くをふらふらと歩いていたら、
掲示板に、こんなポスターを見つけました。


Imgp2015_2


だから、なんかほんと懐かしくなっちゃって。

今日は9月12日だから、
もういい加減片付けてもらいたいけどね。

手作りのポスター。
相当時間かけて作ったんだろうと思います。
『ラジオ体操』の文字は切って貼ってるし、、
こまごました下の絵は、貼り絵になっています。

デジタルな世の中、
時代遅れの僕は、アナログが心に染みる。

なんか、いいなあ、って感じ。


子どもたちはたくさん集まったかなあ?


大人も子どもも、みんなでラジオ体操できたらそれで良し!!


  青梅頑張れ!応援する・はげおやじ・より

2012年9月 9日 (日)

北風と太陽

施設の子どもたちは、時に失敗をする。


「おい、こら、ふざけんじゃねーーぞ!」

「なんでそんなことするんだ!ちょっとこっちこい!」

「やったことは分かってるんだ。
 本当のことを言えよ、そんな嘘すぐ分かるんだぞ!」

「ダメなものはダメなんだよ!分かんねーのか!」

「反省しろよ、反省!そんなんじゃ、反省したことにならね-だろ!」


思わず、強い言葉を浴びせることもある。

が、歳を取ってきたせいか、
最近はそんな言い方はあんまりしなくなってきた。
あんまり声を荒げなくなった、ってことだけど。


「怒らないから、本当のことを話してくれる?
 嘘は聞きたくないんだよ。
 約束するから、絶対怒らない。」

「おまえの気持ちも少しは分かるよ。
 でもね、やっていいことといけないことがあるでしょ、分かるね。」

「よく考えて。
 今はいいんだよ、施設にいる間は僕らが全部面倒を見る。
 だから、どんな悪いことをしても、僕らが責任を持つ。
 でも、施設を出たらそうはいかない。
 悪いことをすれば警察に捕まるよ。
 だから、ここにいるうちに、そうならないように練習することが必要なんだよ。
 分かるでしょ?」

「人は自分のやりたいようにやる。
 だから、きみも好きなようにやればいいと思う。
 そして、失敗に気付くしかない。
 でも、今、話だけはさせてもらうよ。
 それは間違いだし、そうしてほしくない、って。
 今、きみが分からなくても話していく。
 その話は今分からなくてもいいよ、でも、ちょっと覚えてて。
 きっと後になって気付くときが来るから。
 その時に、はげがそう言ってたな、って思い出してほしい。
 それでいいよ。」

「人は失敗する、僕だって。
 だから、それはいい、しょうがないもの。
 でも、それが失敗だって気付いたときには、
 ごめんなさい、って謝れる人間になってほしいんだよ。」

「僕は、あなたを信じたい、信じてもいいよね、信じさせて。
 嘘を言っても、それを信じるよ。
 でも、後でそれがほんとじゃないって分かったら、
 僕はとっても悲しいし、あなたもことをもう信じられなくなるよ、きっと。」


僕は、時に北風になり、太陽にもなる。
一瞬のうちに変身したりもする。
最近は太陽のことが多いんだけど、太陽が必ずしもいいとは思ってない。
時には北風になるときも必要だと思う。

いろんな関わりの中で、子どもたちとの関係ができていく。

話し方のテクニックというのも勿論ある。
でも、あんまりあからさまな技術は好きじゃない。

人と人として、向き合いたい。
プロとしては若干失格かもしれないけどね。
 
まあ、それが僕のやり方だし、不器用だからそういうふうにしかできない。


Sun_wind1


強い北風が吹く日には、誰だってコートを着る。

暖かくなれば、もちろん、コートは脱ぐ。

冬が来て、春が来て、夏が来て、秋が来て、
また、冬が来て、春が来て、夏が来て、秋が来る。

だから、北風が吹くときもあれば、太陽が暖かいときもある。

それで、いいんじゃないかな。

いつも太陽でなくてもいいということだけど。


  寒い時もあるから暖かさがなお嬉しい・はげおやじ・より


★ 昨日も、子どもが事件を起こした。

2012年9月 8日 (土)

花を見に行こう!

暑いのに出かける。

暑くても出かける。

暑いから出かける。

まあ、なんでもいいやね。


Imgp1899


東京都調布市にあります。
僕の家からバイクで1時間ほど、初めて行きました。

500円の入場料を払って入るんですから、
その分、写真でも撮らなきゃ。
せこいね、僕。


お出迎えの彼女、僕の方がちょっと照れる。


Imgp1900


三脚抱えて花の写真を撮ってる人が結構いたので、
僕も真似して撮ってきました。
って言っても、僕のカメラは安物ですがね、三脚なんて持たないし。


Imgp1907Imgp1908


芝生広場のパンパスグラス。


Imgp1917


調布だから、飛行機も飛んでいます。
♪中央フリーウェイ 調布基地を追い越し♪ by ユーミン

サングラス越しに太陽を撮ってみました。

Imgp1914Imgp1916


10メートルくらいの大きなサルスベリの木。

太陽はまぶしいです。


Imgp1939Imgp1901


花壇にはきれいな蝶も。


Imgp1951


スイレン。


Imgp1955Imgp1956


平日で人が少なかったので、ゆっくり見て回りました。
噴水広場と大温室。


Imgp1940


温室の中のベゴニア。


Imgp1963Imgp1964


Imgp1966Imgp1967


これもベゴニアの仲間です。
って、書いてありました。


Imgp1970Imgp1973


温室の前にこのステンレスの木があって、
時間になると音楽とともに鐘で時間を知らせます。


Imgp1978


花壇の菊。
いろいろな種類がきれいに咲いてました。


Imgp1979Imgp1981


Imgp1982_2Imgp1980_2


50種類くらい咲いてたかなあ。
見ごたえありました。

アップで。


Imgp1985Imgp1987


Imgp1983Imgp1990


隣りに、深大寺があったので、ついでに寄ってきました。


Imgp2006Imgp2000


大黒天と恵比寿天、素敵な笑顔。


今日も明日も、良いことがありますよーーに!


  結構、花が似合う(ことにしておく)・はげおやじ・より

2012年9月 6日 (木)

自転車乗りに行こう!

先日の休み。

外は、今日も天気がいい ・・・ たぶん、うだるような暑さ。

僕の部屋は、エアコンが効いてて快適。

さて。

僕の中の何かが叫ぶわけです。

「暑さに負けるな!外に飛び出せ!」


ちと大袈裟ですが、しょうがありません。
そんなわけで、サイクリングにでも行くか、てなわけです。

この前、多摩川を施設の中学生と一緒に、
羽田空港まで下って行った話を、ここでしました。

「反対側はどうなってるんだ?」


で、車で昭島市のくじら運動公園まで行って、
普段から車に乗せてある折り畳み自転車を取り出して、
上流に上って行きました。

公園駐車場には、

「この運動公園使用者以外の駐車を禁ず!」

なんて、書いてありましたが、おまけしてもらいましょう。


Ts3v0183


こんな感じで。

ハンドルが若干珍しい形ですが、
普通に運転すると出っ張ったお腹が邪魔して、
かなり運転しずらいので、
ネットで探して付けてみました。
これで、体がいくらか起き上がり、お腹が圧迫されないというわけ。

ほんとは、装飾的にドロップハンドルみたいに付けるみたいです。
実用的なものではなくて、飾りらしい。

まあ、そんなことはどうでもいいですよね。

とにかく、上ってみましょう。


Ts3v0185Ts3v0186


1時間くらいでしょうか、羽村取水堰までやってきました。
って、そんなもの知りませんよね、僕も知らなかったもの。

つまりは、玉川上水の起点です。
玉川上水は知ってますよね。
僕も話には聞いたことがありました。

江戸時代にここから広い地域に水を引いたというわけです。

こんな像もありました。


Ts3v0188


この玉川兄弟が水を引くのに大活躍したので、玉川上水と言うようです。

ネットで今、調べたんですが、はい、僕も物知りになりました。

これです、玉川上水。


Ts3v0187


まあ、ここまで10キロくらい走ったでしょうか。
軟弱な僕は、もう疲れたので帰ることにしました。
あ、ここでサイクリングロードが途切れていたというのもあるんですがね。

帰りは、同じ道だと面白くないので、
途中一般道を走ったりもしましたが、
また、『多摩サイ』に戻ってきました。

(多摩川サイクリングロードのことを、通は、『多摩サイ』と呼ぶ。)

で、またくじら運動公園まで帰って来たというわけ、ふーーっ。

あ、ちなみになんで『くじら』かというと、
ここら辺で、くじらの化石が発掘されたとか。

その昔、ここら辺(海から50キロ程)まで、
くじらが散歩に来ていたのだと思います。


それはいいんですが、
この近くに、『水辺の楽校』というのがあります。
子どもたちに、多摩川に親しんでもらおうということで、
比較的安全な場所に、水のところまで行ける道が作ってあったりします。


Ts3v0190_3Ts3v0191


こんなところです。


Ts3v0193


川の真ん中からちょっと左に、
サギみたいな鳥が写ってるんですが、分かりますかねえ。

とにかく、そんな感じで、
サイクリングを楽しんできたというわけです。


暑いと言っても、もう9月ですから、
夕方になると、少し、日差しが柔らかくなります。


Ts3v0194


  ちょっと秋の気配!の・はげおやじ・より

2012年9月 2日 (日)

お願いだから、殺さないで!

PAPARAZZI をご存じでしょうか?

パパラッチ ・・・ 有名人を執拗に追い回すカメラマン。
ダイアナ妃の事故死を引き起こした。

まあ、そうなんですが、
ここでいう 『PAPARAZZI』 は、歌の題名です。

最近、流行ってる韓国の女の子のグループ 『少女時代』 の最新シングル。

これは結構いけます。
9人のグループなんですが、ほんと可愛いです。
ファンになってしまいそう。


51iacn0vscl_sx500_cr2469450300_1


いや、僕の話ではありませんでした。
僕の働いてる施設の小学4年生の女の子。

どうもダンスを覚えたいみたいなんだよね。
それで、毎日、毎日、何10回となくこのDVDをかけるわけ、テレビで。
僕の見ている限り、ちっとも上達しないんだけど。


「ねえ、いい加減、飽きないの?」

  「悪い?」


他の子どもたちも同じように思っている。
ただ、何を言われても気にしない元気な女の子なわけ。

僕もいい加減覚えました、この曲。
思わず、鼻歌になったりします。

「寝ても覚めても ブーン、ブーン、ブーン」

歌詞は、そこしかよく分からないんだけど。


今日、またその曲をかけ始めるから、
ひとりごとで言ったんです、僕が。

「また、この曲かよ。」

勿論ひとりごとですから小さな声で。

ところが、その彼女には聞こえていたらしい。


 「今、ハゲちゃん、なんて言った?

  もう一回言ってみて!

  はい、ぶっ殺す!!」


もう少しおしとやかには、ならないものやら。


  今日は生き延びた・はげおやじ・より

★ 参考までに、これがその曲!


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31