フォト

mail

« 秋深し ・・・ 国営昭和記念公園 | トップページ | おめでとさん! ・・・ 下手なカード作り »

2012年11月21日 (水)

子どもたちは頑張っている!・・・ 作品展

先日、施設の子どもたちの通っている小学校で、
作品展が開かれました。

日頃、子どもたちが学校の図工の時間に作っている作品を、
保護者の人たちに見てもらおうという企画です。

体育館にきれいに並べられてありました。


Photo


その作品展に行って、
施設の子どもたちの作品を撮ってきました。


施設の子どもたちは学校でも、
他の子どもたちとうまくコミュニケーションが取れません。

だから、
友だちの少ない子、友だちのいない子がほとんどです。

いろいろと問題を起こす子ども、
いじめられる子ども、
何にもしゃべらず黙って過ごす子ども。

でも、それぞれの子どもなりに、精一杯頑張っています。


Photo_2Photo_3


ながぐつをはいたねこ 小3、とら 小5


Photo_4Photo_5


Photo_16Photo_17


バナナタワー、まがりタワー、ふしぎなタワー 小5

(上の写真と下の写真はつながっている1つの作品です)


先生の話を聞けない子ども、
外ばっかり見てる子ども、
何度注意されても手遊びする子ども。


Photo_8Photo_9

どんぐりたちのいえ、大きな桜の木 小4


上手に立ち回れないのは、子どもたちのせいではありません。


Photo_10Photo_18


ドールハウス、幸運の木 小4


みんなと仲良くしたいと思っているんだろうけど、
行動は、思いと裏腹。
すぐ喧嘩になってしまったり。


Photo_12Photo_13


かわいいうさぎ 小3、たまごランプ 小1


先生に褒めてもらいたいのに、
怒られてばっかり。


でも、きっとこんな気持ち。

友だちも、先生も、みんな遊びに来て!


作品の写真の最後。

おてらのおちゃかいへようこそ! 小4


Photo_19


なんで、おてらのおちゃかいなのかは分からないけど、
みんなと楽しく過ごしたい気持ちが、
こんな作品を作ったんじゃないかなあ。


施設の子どもたち、ほんとみんな頑張っています。

うまく生きられなくても、
その一生懸命さを僕は最大限に認めてあげたいと思います。


  作品展で改めて子どもたちの頑張りを見た・はげおやじ・より


« 秋深し ・・・ 国営昭和記念公園 | トップページ | おめでとさん! ・・・ 下手なカード作り »

施設の子どもたち」カテゴリの記事

コメント

施設の子に限らず、

子供って、

落ち着きないし、
注意・叱責のオンパレードだし、
喧嘩するし、
イジメ、イジメられだし、

人と関わりたいけど、
我が強すぎて他人と交われない子、いるいる!だし。

でも、子供の心は、
柔軟性ある状態だから、

周りの環境や大人の導きで、

変われる!
幸せになれる!

『自分が変われば、周りも変わる』
が、出来る!


そして、人間が好きな気持ち、ちょっとでもあれば、
良くなる可能性・絶体『大!』と思うです。

『人が好き』→『好かれる努力を考える』
…で。

(でもトラウマの根は深いから、
一般児童よりも時間がかかるのは確かですね…)(涙)
↑またエラソーに語りゴメンナサイ☆m(__)m


子供達、
作品製作、頑張りましたね!

写メの作品達、
お世辞抜きで、
全〜〜部、良く出来ましたで賞♪です!
(*^▽^)/★*☆♪

子供さん達、お疲れ様です!
m(__)m☆

  マユ様

『良く出来ましたで賞』ありがとうございます。

みんなと仲良く、って、
ほんとはみんなそう思っていますよね。

ただ、それがうまく外に出せない子どもたちも多いから、
きっと、いじめとかそんなことになってしまうんでしょうね。

間違いなく、大人が子どもを屈折させているんだよなあ。

でも、確かに子どもの方が変われる可能性は高いでしょ。

僕なんかみたいに年寄りになってくると、
なんか妙に意地を張ったりするからねえ。

「俺は間違ってねー、絶対! お前が変われ!!」みたいな。

いずれにしても、
子どもたちの可能性を信じて、見守っていきたいと思います。

  きっと変わるのはもう難しい・はげおやじ・より

人は、いくつになっても
変われると信じたい。

うまく立ち回れない子どもにも
未来(可能性)はある。

頑張ってやったことを、褒められたことは
一生、忘れないです。

忘れても 思い出すときが、
きっとある。

思い は見えないけど、
思いやり は見える。。どこかで聞いた言葉です。笑

私は、思い(夢や希望)は 必ず実現すると
信じたい。

そう、きれいごと かもしれない。

でも、はげおやじさんは、少なくとも、
子どもを屈折させる側のオトナでは
ありませんよね。

  きらりん様

信じることは大事です。
信じることで実現できることもあるはずです。

子どもたちの可能性の話です。

施設の子どもたちは、
一般の子どもたちに比べて、
持って生まれた能力も、
その後環境によって培われるはずの力も、
弱いと思います。

ですが、
その持っているものの中からの可能性があるはずです。

認められること、褒められることから、
その可能性をより引き出すことができたらと思っています。

子どもを屈折させないように育てること、
それが僕らの仕事だと思っています。

   しかし、それは相当難しいと思う・はげおやじ・より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋深し ・・・ 国営昭和記念公園 | トップページ | おめでとさん! ・・・ 下手なカード作り »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31