フォト

mail

« ここは雪国! | トップページ | 自転車でふらふらと ・・・ 立川付近の多摩川 »

2013年1月21日 (月)

強く逞しく咲け!!

先週雪が降りました。
この前の記事で写真を貼りつけましたけど。


ほとんど融けてしまいましたが、
日蔭の雪はまだ残っています。


Ts3v0261


よく見かける花ですが、
花に疎いので、名前も分かりません。

寒さでちょっと元気がありません、やっぱり。


この花を見てると、
施設の子どもたちについて考えさせられます。

今年高校を卒業する子どもが10名。
短大に行く子ども、就職する子どもなど様々ですが、
まだ行き先が決まっていない子どももいます。

難しい子どもも多くてかなり卒業後が不安です。
自立援助ホームとかも視野に入れて考えなければいけません。


いずれにしても、
今まで施設で守られてきた子どもたちは、
環境が大きく変わり、自立を強いられます。

たぶん、子どもたちが考えているよりも、
社会は甘くないはず。


さっきの黄色い花のように、
寒さに下を向くことも多いのだろうと思います。

雪だけでなく、
雨や風の強い日もあるだろうし、台風が来ることだってある。
時には、快晴の気持ちいい日もあるだろうけど、
大きな地震が来るかもしれないのですから。


実際に外に出てみないとその厳しさは分からないんだよね。
いくら頭で想像してみても。


だから、
施設を出ても応援していきますから。

幸い地方じゃないから、
卒園しても、すぐに顔を見られる程度のところに住むと思うから、
困ったときには、すぐに連絡しなね。


また、そんな別れの時期です。


  嬉しくもあり寂しくもある・はげおやじ・より

« ここは雪国! | トップページ | 自転車でふらふらと ・・・ 立川付近の多摩川 »

施設の子どもたち」カテゴリの記事

コメント

はげ君、お久し振りです。
この黄色いお花は水仙でしょう。

なんか、この写真、象徴的ね。
雨も雪も嵐もある世の中。
でも愛もいっぱいある。

はげ君はお仕事が天職なのね。

中学に入った時、英語の先生が、数日前まで
卒園生との別れが辛くて、しょげてたけれど、
今、君達皆の瞳を見て、、元気になったと。

巡り巡るよね。
でも、幸い、卒園生が近くにいるのね。
はげ君の存在が力強いでしょうね。

頑張れ、はげ君、子供たち!!

betty@@

  betty様

そうですね、水仙です。
ほんと、だめだなあ、僕って。

厳しいだけでなく『愛』もある世の中。
確かにそうなんだろうけど、
施設の卒園生は、その愛をなかなか見つけられなんだよね。
ぶきっちょっていうか、要領が悪いっていうか。

そんな星のめぐり合わせっていうのは、変えられないのか!?
って、神様にちょっと怒ってみたくなる気分。


あ、地方の施設の子どもたちは、
施設の近くにあんまり仕事がないから、
施設を出ると遠くに就職してなかなか会えなくなって、
フォローしにくくなったりするんだよね。
その点、ここら辺はまだ仕事があるから、
卒園してもまだ応援しやすいんだよね。
その点は、ラッキーかな。
施設を出た後が大変だから、それはありがたいんだよね。

18歳でひとりきりでの生活は大変。
今は、普通の家庭の子どもだってなかなか自立できなんだからね。


  近くに子どもがいると僕も温かい・はげおやじ・より

別れが始まりで、
始まりが別れね。

そんなことの繰り返しですね。

今は、仕事があるというだけで、
就職できりだけで、
幸せなのでしょうね。

働いて、食べることができなければ、
その先にも進めない。

子どもは、自分に愛を与えてくれる
大人たちから学んでいく。

そして、やがて、愛を与える人になる。

そうなれば、いいですね。

月並みですが、卒業する子どもたちに

幸あれと・・・祈ります。

  きらりん様

ほんと幸あれ、ですね。

少しフォローしながら、
自分の幸せを見つけていってもらいたいです。

自分で稼いで自分で食べていくってだけでも、
結構大変なんだよね。
でも、それだけじゃつまらないから、
友だち関係とか上手く作って楽しみも見つけてほしいけど、
できれば、彼氏とか彼女とかも。

まあ、焦らずぼちぼちです。

  僕も応援する・はげおやじ・より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ここは雪国! | トップページ | 自転車でふらふらと ・・・ 立川付近の多摩川 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31