フォト

mail

« 元気が一番!! | トップページ | どぶに捨てたいわけじゃないけれど・・・ »

2013年6月 8日 (土)

3時間のデート ・・・ たまにはいいね!

Ts3v0358


特別支援学級の小3の女の子。
昨日は、学校でのお泊まり会で、午前中に帰ってきた。

他の子どもたちは、勿論学校に行っている。

僕は、グループホームの泊まりの勤務で、
そのまま朝からの仕事。
午前中は数日分の食材の買い出しの予定だ。

そこに彼女が帰ってきた。

10時30分。

「ご飯の買い物行くから付き合って!」

ちょっと疲れてて悪いかなあと思ったんだけど、
今日の夕飯の材料もないからそうもいかない。

最初に、スーパーのテーブルの置いてあるところでアイスを食べる。
こんなことでも、たまにの個別対応。
ちょっとはサービスもしておく。

 「すごい、おいしい。」 

たかだか60円のアイスだけどね。

スーパーでは、僕の指示するキャベツだのかまぼこだの、
あちこち探しながら走り回る彼女。
小一時間かかって買い物を終える。
一緒の買い物は時間がかかる。
彼女には楽しかっただろうけど、ちょっと疲れるな。

一度ホームに戻って冷蔵庫に食材を入れ、
お昼ご飯は近所の公園にでも行きますか。

 「わーい、わーい!。」

あ、最初の写真はその公園の花壇の花です。


お弁当を食べながら、

 「はとさんにもおべんとうあげるね。」

彼女は自分のからあげをちぎってあげていた。
油だらけの手をズボンで拭いてたけど、まあいいか。


Ts3v0357


上がローラーで滑るようになっていて、
体を揺らすと進んでいく遊具。


あ、落ちた!!


Ts3v0356


10回くらい落ちて服は泥だらけ。
落ちるたびにげらげら笑いながら何度も何度も続ける。

でも、最後は失敗しないでできるようになったよ。

近くを歩いていたおじいさんが、
「頑張ってよ!」ってにこにこ応援してくれてた。


 「じゃ、つぎね。」

彼女は、歩きながら面白そうな遊具を探す。


 「『どーんじゃんけんぽん』やろうよ。」

そんな遊びを僕もやった覚えがある。
まあ、45年くらい前かな。


L_151


平均台のような遊具の両端から歩いてきて、
出会ったところでじゃんけんをして、
負けた人はまたぐるっと戻ってやり直し。
相手の陣地まで先に行った人が勝ち。

っていうか、
僕も彼女も相手に会うまでに落っこちるから、
じゃんけんがなかなかできない。

それでも、笑顔で遊び続ける彼女を見てると、
僕も嬉しくなる。

 「はげちゃーーん、はやくきてよーー。」

「分かった、分かった。」

 「いくよ。どーん、じゃーん、けーーん、ぽーーーん。」

彼女は、じゃんけんをする前に地面に落ちてしまった。


あ、他の子どもたちが学校から戻るから、もうそろそろ帰らないと。

午後1時30分。


  わずかな時間、デートを楽しんだ・はげおやじ・より

« 元気が一番!! | トップページ | どぶに捨てたいわけじゃないけれど・・・ »

施設の子どもたち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気が一番!! | トップページ | どぶに捨てたいわけじゃないけれど・・・ »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31