フォト

mail

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の3件の投稿

2013年11月22日 (金)

うれしい悲鳴!!

「きゃーーー!!!」 


ほんとお馬鹿な52歳です。


1384322674717


さて、読めるでしょうか?

最近の名前、きらきらネームっていうやつ、
ほんと読めなくて勘弁!って感じです。


施設の卒園生の赤ちゃんです。
最近、出産の連絡、多いです。


だからさ、
お祝いを送るのが多すぎて破産しちゃうよ、って話。

まあ、いいか、嬉しい話だからね。
いや、破産しちゃだめだ。


1384850271910_2Dsc_0177_2


最高にかわいいよね。


お父さんが施設の卒園生なんだけど、
お父さんの腕にしっかり抱かれてお風呂に入れてもらって、
幸せを感じているんでしょうね、赤ちゃんは。

無意識の幸せ?・・・きっとそれが大事なんだと思います。

そんな安心感が子どもを愛情深く成長させるということだけど。


彼も施設での生活、長かったからなあ。

福島で結婚して生活してたんだけど、
ほら、震災で、
子どものこと考えて千葉に引っ越してきました。
将来の設計、何もかもだめになった、って。

今は、派遣の仕事だけど頑張ってる、って言ってた。

これからってときに、震災に遭ってほんと気の毒なんだけど、
なんて言ってあげたらいいのか分からないんだけど。


でも、赤ちゃんの顔を見てると、なんか癒やされるよね。

この赤ちゃんの幸せのためにしっかりやれ!って。
あ、後、赤ちゃんのお姉ちゃんのためにもね、ふたり姉妹。

『あこ』ちゃん、お父さんに愛情いっぱいもらって下さい。
ちなみに、お姉ちゃんは、叶愛(のあ)ちゃん。

ふたりとも、『愛』。

お父さんは、自分の親からあんまり愛情もらえなかったけど、
それを倍返しで、ふたりにたっぷり注いであげると思います。


今後の彼の健闘を祈っています。

「困ったら連絡寄越せ!」


  これからの彼ら一家の幸せを祈る・はげおやじ・より


2013年11月14日 (木)

仲良しはいいね! ・・・・ 紅葉の御嶽渓谷

目が覚めると、カーテン越しに朝日がまぶしい!

だから、今日は休みだし出掛けるしかないじゃないの。
前に調べておいた東京青梅の御嶽渓谷行ってみよう!!
ちょうど紅葉の時期だしね。


Imgp3477_2Imgp3478_3


ぷらぷらと何時間もかけて、
せせらぎの音を聞きながら川沿いに散歩。


Imgp3482Imgp3483


Imgp3484Imgp3485


ほんと気持ち良かったです。

・・・・・・ 心の洗濯!!


川にはいろんなことをしている人がいます。
右はカヌーなんだけど、左は何という名前か分かりません。


Imgp3497Imgp3498


絵を描いている人、岩を登っている人。


Imgp3515Imgp3517


釣りをしている人。


Imgp3529Imgp3530


さて、お腹もすいてきたし、お昼にしましょう。

河原で食べるおにぎり、最高でございます。
ポカポカ、天気はいいしね。

小さな板の橋を渡ったんだけど、ちょっと恐い!


Imgp3531Imgp3532


ゆっくりゆっくりビニール外したのに、
今日も海苔が切れた!!

ほんと腹が立つ!


Imgp3533Imgp3535


だから、そんなところで釣りをしちゃだめなんだって!
『あぶない!』って、書いてあるでしょうが。


歩いている途中で、『仲良し』もたくさん見つけました。

犬と一緒に日向ぼっこ。


Imgp3540Imgp3542


おばあちゃんがふたりでのんびり歩いていました。


Imgp3544


誰かが作った松ぼっくりのカップル。


Imgp3545


若いふたりは楽しそう。


Imgp3546


年配のふたりは、仲むつまじく羨ましい。

長年連れ添ったふたりだからなんか温かい。

『仲良し』って、ほんとにいいね。


Imgp3547

そしてまた、のんびりと渓谷を楽しむ。


Imgp3551Imgp3552


Imgp3560Imgp3566


右上の銀杏はかなり立派でした。


Imgp3574Imgp3577


駅の写真でも分かるように、結構な人出でした。

そんなこんなで、紅葉三昧の一日、楽しかったです。


  きれいに洗われた心で、
   明日からの仕事に励む・はげおやじ・より


2013年11月 3日 (日)

僕の分までお幸せに!

  かわいい卒園生へ


結婚、おめでとう。

今日、内祝いが届きました。


Ts3v0413


あんなに小さかったあなたが、
『内祝い』を送れるほど立派に成長したことに、
ほんとに喜びを感じます。


結婚式を挙げるって世間では普通だけど、
施設の子どもたちは、そんなに多くないんじゃないかな。


結婚式には出席できなかったけど、
幸せになってほしい気持ちは溢れるほど持っているから。

人は誰でも幸せになる権利があります。

施設で生活してちょっと気の毒なところもあったけど、
今から、その分まで笑顔で過ごしてほしいと思います。

あなたは、笑顔がとても素敵だからね。


Ts3v0414


手紙の中にこう書いてありました。


「施設にいるときは、すごく嫌だと思ったこともあるけど、
 家にいてそのまま・・・・って人生を考えたら、
 すごく幸せだったんだなあって思うよ。
 園の職員には親以上にありがとうって気持ちが大きいな♡」


そう言われるとさ、涙が出ちゃうよ。


なんでこんなに、良い娘に育ったんだろう。
不思議です。

どんな環境に育っても人は優しくなれるんですね。


僕の結婚生活は7年間だったけど、
決してそんなことにはなりませんよーーに。
って、そんなことは心配及ばずだね。


あ、あなたのような当たりくじを引き当てた、
ご主人にも宜しくお伝え下さい。

「この幸せもん、
 お嫁さん幸せにしなかったら俺が許さんぞ!」って。


それから、
勿論、あなたには幸せになってもらいたいけど、
あなたの幸せを、
他の人にも分けてあげることも忘れないで下さい。

幸せは分けてあげるとその分増えるんだってよ。


それじゃ、これで。


あ、フェイスブックで見つけた写真、
1枚、使わせてもらうよ。


1382153_441104239331930_276105460_n


なかなかいいお顔。


ほんとにおめでとね、なつき!

名前書いちゃったよ。
まあ、いいよね。


  素直に嬉しい・はげおやじ・より


« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31