フォト

mail

« このペットボトルいくら?・・・・国立温泉 | トップページ | カエルの子ども »

2014年4月 2日 (水)

不思議な段ボール!

グループホームのあるこの地域は、
ゴミ袋が有料で、ゴミは個別回収。
玄関の門の外に出しておけば持って行ってくれます。

「今日は段ボールの日だな。」

段ボールをまとめて、出しておきました。

しばらく経って見てみると、
段ボールは門の中の、外から見えないところに戻っていました。

「おかしいなあ。今日は段ボールの日じゃなかった?」

調べ直しましたが、間違っていません。
そして、段ボールをもう一回外に出しました。

しばらくして、もう一回見てみました。
段ボールは、また門の中です、ほんと不思議です。

「なんなんだよ。 段ボールに足が生えたか!?」


ちょうど、子どもたちが外で遊んでいたので聞いてみました。

「この段ボール、なんで門の中にあるか知ってる?」

  「知ってるよ。それ、はげちゃんにあげたんだから捨てないで!!」


「えっ!?」

確かに、そんなことをこの前言っていたような。

その段ボールをもう一度見てみました。

「あ、そうだったんだ!」

一週間くらい前、小学生女の子3人で、
段ボール工作をしていました。
何を作っているのかと思っていたら、
ちゃんと名札を付けたロボット。


10167996_323588477766374_1623484798


1888445_323588487766373_879621717_n


『ハゲ』だの、『バカ』だの書いてある。

「はい、はい、こりゃ、僕なんですね。 はい、はい。」


子どもたちは、
「折角作ってあげたのに!」ってことなんでしょう。


「しょうがないなあ。 持って帰るか!」


そんなわけで、自宅に持って帰ってきたダンボ-ルの束。


Dsc00081


確かに、他に混じってロボットの残骸が。


  僕自身がこんな姿になっちゃって!の・はげおやじ・より


« このペットボトルいくら?・・・・国立温泉 | トップページ | カエルの子ども »

施設の子どもたち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« このペットボトルいくら?・・・・国立温泉 | トップページ | カエルの子ども »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31