フォト

mail

カテゴリー「僕の自己紹介」の記事

2013年3月 6日 (水)

僕の新しい恋人

僕も離婚して20年。
恋人のひとりやふたりいてもおかしくありません。

いや、ひとりでないと、だめだけど。

前の彼女は5、6年付き合ったかなあ。
でも、結局だめになってしまいました。
つい最近の話。

やっぱり、僕に問題があるのでしょうか。


反省もしながら、新しい彼女ができました。

ちょっと、早い!?

いや、人生楽しまないとですから。

そんなわけで、今日は彼女とツーリングに行ってきました。

ここは相模湖。

クジラ君とスワンちゃんが迎えてくれました。


Ts3v0313Ts3v0315


Ts3v0316


あ、ピカチューも僕らを祝福してくれていました。


それから、津久井湖へ。


Ts3v0324Ts3v0320


公園では、親子が楽しそうに犬と遊んでいました。


花壇の花も僕らに、「お似合いだね!」って。


Ts3v0321Ts3v0323


次は、城山湖。


Ts3v0327Ts3v0328


梅も咲き始めていました。

そんなこんなの楽しいツーリング。

僕と彼女はぴったりくっついて。

付き合い始めで、特に今は仲良しこよし。


  **********


10日くらい前かなあ。
バイクで走っていたら、突然止まってしまいました。
しょうがないからバイク屋に持って行ったら、

「エンジンがいかれてますね。」

前のバイク、気に入ってたのになあ。
VINO125。
まだ、2万キロくらいしか走ってなかったのに。


新車は、MANY110。


つまり、新しい彼女は、MANYちゃん。

今度は、末永く付き合っていこう!!っと。


Ts3v0319Ts3v0318


Ts3v0326Ts3v0325


ねっ、僕の新しい彼女、相当可愛いでしょ!?


  プチ新婚旅行を楽しんだ・はげおやじ・より

2012年1月11日 (水)

再び、突然ですが・・・復活しました

以前からお知り合いの方は、お元気でしょうか?

初めての方は、はじめまして!


前記事から1年数ヶ月が経ってしまいました。

前の職場を退職して、今は新しい職場で働いています。
取り柄がないので、前と同じ児童養護施設です。
失業期間はなく、友人の紹介で退職後すぐに働き始めました。

地域も地方公共団体は変わりましたが、関東圏。

つまりは、一昨年の12月から今の職場です。
この施設は本園の他にグループホームを持っていて、
僕は、今、そのGHで働いています。

今まで50年間、料理とは縁がなかったのですが、
ここに来て、仕事の大事な部分は料理作りです。
子どもたちに美味しくて栄養のある食事を提供しないといけないですから。

悪戦苦闘。
七転八倒。

まあ、なんとか食べられるものを作っています。

っていうか、
今からコックさんを目指そうと思います。

やってみて、料理が嫌いじゃないことが分かりました。
時間は掛かりますが、毎日の作品は結構良い線いってると思います。
まあ、僕なりに頑張っています。
前の職場とは大いに違う環境ですが、それもまた良し、といったところでしょうか。


で、このブログですが、
以前のように積極的にはやらないつもりです。
ブログばかりにあまり時間を使いたくないからです。
だから、
いろんな人のブログに行ってコメントをしたりも控えようと思います。

まあ、勝手気ままにやらせてもらいます、ということです。
そんな我が儘ブログですから、
お付き合いいただける方だけ、適当にお付き合い下さい。


  ほんじゃ、改めまして、
           「よろしくお願いします!」の・はげおやじ・より

2010年7月10日 (土)

僕の名前は ・・・

「ほんと、おまえはバカなことばっかり言ってるな!
 歳を考えなさい、歳を!」

なんて言われると、これはもう返す言葉がありません。

「はい、すいません」


幼児さんや小学生とこんな会話もする。

「僕の名前は、『はげやま はげたろう』です」

「はげせんせい、ちがうでしょ!」

「ばれた?
 僕の本当の名前は、『はげきち』です」

「はげせんせい、うそ言っちゃだめでしょ!」

「ごめんなさい。
 僕の本当の名前は、『はげぞう』です」

「はげせんせい、いいかげんにしなさい!」

「ほんと、ごめん。
 僕の本当の、本当の名前は、『はげまる』です。

「そんなことばっかり言って!
 もう、はげせんせいとは話しないから」

そして、子どもたちは僕の元を去って行くのでした。


まあ、いいですよね。
これは、子どもたちとのコミュニケーション技術ですから。

そういうことにしておいてください。


  ほんとの名前は、『はげのすけ』の・はげおやじ・より

2010年4月20日 (火)

E.T.

突然ですが、
『The Extra-Terrestrial』 って知ってますよね。
30年くらい前かなあ、超ヒットした映画ね。
スティーブン・スティルバーグ監督。

子どもたちとE.T.との心温まるお話です。

大人なんかじゃ分からない、
素直な心を持った子どもたちとかわいいE.T.との関係。
子どもたちはE.T.を家に帰してあげたい。

”E.T. phone home”.

「E.T. うちに電話!」(字幕)って、
家に連絡を取りたいE.T.が、言うんだよね。


それで、
E.T.は、日本語に直すと、『地球外生命体』です。
宇宙人もやっぱり家族が大事なんです。

施設の子どもと求め続ける親との関係も同じです。

あー、どこへ行っても、大事なのは親子の愛、っていうわけね。


で、
僕はこんなものを持っています。

Et_1_2Et_2


もらった物だけど、キャラクター・グッズっていうやつです。

で、気付いてないだろうけど、僕のこのブログのURL。

http://extra-terrestrial.cocolog-nifty.com/blog/

ここにも出てくるわけね。
僕とは深い関係というわけです。

思い出しました。

僕が大学の時に、この映画を友だち数人と見に行こうと待ち合わせして、
僕はアルバイトの関係で少し時間が遅れて、みんなに置いて行かれて、
「おまえら、友だちじゃねえ!」って、思ったって話。

たかだか10分の遅刻だったのに。
すいません、当時は携帯電話のない時代でしたので、
僕は、友だちと会えなくて悲しい思いをしたという、そんな話です。

まあ、そりゃいいか。

だから、打算じゃなくて、温かな心が大事だということ。
いつまでも子どものような気持ちを持ち続けていたい、ってことです。

  実は、名前のイニシャルがE.T.の・はげおやじ・より


★ 名前は、適当にご想像下さい。
  相当ださいよ、内緒だけど。
  

2009年2月 8日 (日)

僕のはげ頭

「『はげ』で悪いか!」

って、突然喧嘩売ってどうするのよ、と自らを戒める僕。

こりゃ、しょうがないもの。
僕はもう諦め、開き直ることに決めました。
『はげ』は『はげ』なりに生きていくのです。


ここで、僕の『はげ』について若干説明しておく。
横と後ろはまあ、白髪があるものの髪の毛は残っている。
が、問題は上、ひどいね。
うちの施設の子どもたちは、外で日光が当たると言う。

「はげせんせい、はんしゃしてまぶしい!」

「そんなわけないだろう、ばーか!」って答えるんですがね。

ただ、前のところだけ少し髪の毛が残っている。
その髪の毛をバックに伸ばしているものだから、
言えば、『縦バーコード』の完成。
一般的に、僕の観察では『横バー』の方が多いから、
珍しいタイプのヘアースタイルになっている。

大体、想像していただけたでしょうか。
写真を添付しようかとも思いましたが、
気分を害する方もいらっしゃると思い、
やっぱりやめときます、リアルで自分でも気持ち悪いもの。

皆さんのお好きなように想像してください。


「ブスは慣れる」と言うように、
きっと「『はげ』も慣れる」、そう信じている。
親が与えてくれたこの頭、大事にしていこうと思う。
って、親は与えてないか、僕のおやじははげてなかったし。
仕事のストレスが、関係あるかもなあ。


いずれにしても、『はげ』は結構いいです。

第一に、『はげ』は、女性にもてない。
これはいいですよ、面倒くさくないもの。
ほんと、女の子が寄って来ないというのは気楽でいいものです。
髪の毛があったときには、女の子をかき分けて歩いていたからね。

はい、はい、冗談です、そうだったらよかったなあという希望です。

後、あれね。
シャンプーが少なくて済む。
ポンプ式だと、一回押すと多過ぎるからね。
僕は、大体1回の3分の2のところで、うまく止めるね。
これも、すごく経済的、いいよーー。

それから、責めやすい部分があると親近感が持たれやすい。

「はげちゃーーん、かみのけ、どこにおとしてきたの?」
と施設の小学生。

「うーーんと、うーーんと、あれは札幌だったかなあ」
なんて、訳の分からない返事。


まあ、こうなってしまったんだから、
自分自身を受け入れることから始めないとでしょ。
諦めと開き直り、ある意味大事だって。

  前向きに生きていこう!と思う・はげおやじ・より

2009年1月 7日 (水)

僕の恋人 (以前の『通信』から)

恋人にするならどんな人がいいですか?

「そうですねえ、やっぱり優しい人ですね」

「包容力のある人!」

「やっぱり面白い人がいいわ」

「超かっこいい人!!」

人はいろんなことを言うわけでございます。


僕もまだまだ47歳。
独身だし、恋人のひとりやふたりいてもいいはずです。
いや、ひとりじゃないとだめか。

「どんな人がいいの?」

そう聞かれても困るなあ。

「ええと・・・」

「やっぱり、可愛い、っていうのは大事でしょ」
一緒にいて、みんなに振り返ってもらえるような人がいいですよね。

「それから、話が分かって、冗談の通じる人ね」

「後は、うるさくないこと」
文句ばっかり言う人、うざいし。
なんでも僕の言うこと、無理しないで聞いてくれる人がいいなあ。

そんな人なんか、なかなかいないですよね。

理想が高いなんて思わないけど、若干調子良過ぎだとは思いますね、僕なりに。

でも、見つけました。

お祝いしてください。

最近、休みの日にはたいていいつも一緒にいるんです。
しかも、密着してるし。

今日も、厚木から江ノ島、一緒に行ってきました。

とても、気が合っているようです。
将来的には、結婚しちゃおうかなあ、と思っています。

今日は特別に添付ファイルで、彼女の横顔を紹介しておきます。

相当可愛いと思うんですけど、どうでしょうか。


  昔から面食いの・はげおやじ・より

Photo

江ノ島を背景に

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31