フォト

mail

カテゴリー「僕の思い」の記事

2013年10月 5日 (土)

やっぱり、薄情か!?

一週間くらい前に、施設の卒園生から電話がかかってきた。

この卒園生からは時々電話がかかってくる。

「はげさん、お金貸して、お願いだから。」

話の内容は、分かっている。


Money_100001


何度かは、貸してあげた。

でも、返ってきたことはない。


この前、僕はこう言った。

「貸してるんだから、
 少しでも返してくれたんだったら、また貸せるけど、
 そうじゃないのにもう貸せないんだって、悪いけど。
 それは、貸すって言わないんだよ。」

そう言って、電話を切った。


僕のところに電話を寄越すくらいだから、
近くの友だち(知り合い?)にはもう頼めないんでしょ。


今回は、着信が入っていたけど、返信もしなかった。
しばらくしたら、今度は非通知で着信が入った。
ばればれなのに、そんなこともする。

それにも出なかった。


  ********


別件だが、
数ヶ月前には、アパートの支払いが数ヶ月分滞ってるからとの連絡。
それを立て替え、就職も紹介し、給料をもらうまでの生活費も工面した。

今は、頑張って仕事をしているみたいだけど、
僕に返すお金はどうなっているんだか。

メールを送っても、連絡来ないし。

あーーあ。

もうしばらくは様子見るけどさ。


  ********


そうやって、僕のお金はいくら宙に消えていったことか。

まあ、僕が選んでそうしてるんだから、
誰にも文句は言えないんだけどね。
もう自分でもよく分からなくなってきてるけど、
自己満足もあるでしょ。


  ********


それにしても、
お金を貸しても返さないで、何度も無心してくる最初の卒園生。

だめだって分かっていても、そういうふうにしかできない人、
いるんだよね。
施設の仕事を長くしてきてそれも分かっている。


生きてるのか、ちゃんと。


それだけ図々しいんだから、なんとかやってはいるんだろうけど、
なんか気になるんだよね。


そして、思う。

「僕って、やっぱり薄情なのかなあ。
 自分の本当の子どもだったら、そんな非情なことするか?
 甘いと言われたって、捨てるつもりでお金あげるんじゃない?
 頼る人のいない施設の卒園生たちの最後のよりどころに、
 僕は、なってあげなくいいのか?」


  いくら考えても答えの出ない・はげおやじ・より

2012年11月 4日 (日)

命は儚い

事情があって職場を変えてもうすぐ2年になる。

光陰矢のごとし、なんて言わなくても、
時間が経つのは早い。

「もうずっとこの施設にいるような顔をしてるわね。」

そんなことを言われたりもする。

図々しいってことかなあ?

それだけ馴染んでる、ってことにしておこう。


いや、この調子で時間が過ぎていくと、
あっという間におじいさんになっちゃうよ、って話。

施設の子どもとの関係作りは時間がかかる。
だけど、そんなことばっかりも言ってられないんじゃないか。


時間には限りがある。


今日の午後、近所の方がグループホームを訪ねてきた。
近くの数軒だけにお知らせしてるんですけど、と言う。

うちのグループホームの向かいの家のご主人が亡くなった。

つい何日か前に挨拶をしたのに。


人は死ぬ。

数年前までは、死ぬなんて自分とはあんまり関係ないと思っていた。
だけど、最近、ちょっと身近に感じている。

facebookでの年下の知り合いも亡くなった。


死ぬなんて、そんなに特別なことじゃないんだね。
いつ自分の番が来ても、おかしくない。
なんとなくそう考えるようになってきた。

だから、これから生きていける時間を少し大事にしよう。


打ち上げ花火にはなれなくても、
線香花火くらいには、輝いていたい。


Senkouhanabi_2501


そして、線香花火の玉は、ふいに落ちる。


  隣人のご冥福を祈る・はげおやじ・より

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31